読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

心に効く名言・格言②ニーチェ

ニーチェ

 

 

 

孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。
いずれにせよ、人格が磨かれる。

 

 

 

孤独な人間がよく笑う理由を、たぶん私は
最もよく知っている。
孤独な人はあまりに深く苦しんだために
笑いを発明しなくてはならなかったのだ。

 

 

 

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。
高いところへは他人によって運ばれてはならない。

 

 

 


今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返しても
かまわないという生き方をしてみよ。

 

 

 


すべてのものを裸にして見ないこと、すべてのものに
近づきすぎないこと、すべてのものを理解し知ろうと
しないこと、これは今日の我々には嗜みの問題である。
我々は羞恥心をもっと尊重しなければならない。

 

 

 


一段深く考える人は
自分がどんな行動をし、どんな判断をしようと
いつも間違っていることを知っている。

 

 

 


自分を破壊する一歩手前の負荷が
自分を強くしてくれる。

 

 

 


自分に命令する力がない者ほど、自分を命令する者を
求める。

 

 

 


最も後悔されることは何か。遠慮ばかりしていたこと
己の本当の欲求に耳を貸さなかったこと
己を取り違えること、己を卑しめること
己の本能を聞き分ける繊細な耳を失うことである。
こうした自己に対する敬意の欠如は、あらゆる種類の損失によって
報復を受け、健康、快感、誇り、快活さ、自由、不動心
勇気、友情が損なわれる。

 

 

 

飛ぶことを学んで、それをいつか実現したいと思う者は
まず立つこと、歩くこと、走ること、よじのぼること
踊ることを学ばなければならない。
最初から飛ぶばかりでは、空高く飛ぶ力は獲得されない。

 

 

 


この人生を簡単に、そして安楽に過ごしていきたいというのか。
だったら、常に群れてやまない人々の中に混じるがいい。
そして、いつも群衆とつるんで、ついには自分というものを
忘れ去って生きていくがいい。

 

 

 


合理性ばかり追求して心の余裕を無くし
人間らしい事柄をも無駄だと見なしていると
結局は人生そのものを台無しにする。

 

 

 


ときには、遠い視野というものが必要かもしれない。
たとえば、親しい友人らと一緒にいるときよりも
彼らから離れ、一人で友人らのことを想うとき
友人らはいっそう美しい。

 

 

 


人生について考えるのは暇なときだけにせよ。
人生のことを考えてもよいが、それは休暇の時にすることだ。
普段は仕事に専念しよう。自分がやらなければならないことに
全力を尽くそう。解決すべき問題に取り組もう。
それが現実をしっかり生きることだから。

 

 

 


与え続ける者の危険は羞恥を失うことだ。
配り続けている者の手と心には
配ってばかりいるために、たこができる。

 

 

 


私の理想は、目障りにならぬような独立性
それとわからぬ静かな誇り、つまり他人の名誉や喜びと競合せず
嘲弄にも耐えることによって得られる
まったく他人に負い目のない誇りである。
このような理想が
私の日常の習慣を高貴なものにせねばならぬ。

 

 

 


学者は本をあちこちいひっくり返して調べるだけで
しまいには自分の頭で考える能力をすっかり失ってしまう。
本をひっくり返さなければ何も考えられないのだ。

 

 

 


儀式、官職や位階による服装、厳粛な面もち
荘重な目つき、ゆっくりした歩き方、もってまわった話し方など
およそ威厳と呼ばれるすべてのものは
実は恐怖心を抱いている者たちの偽装である。

 

 

 


小さい人間どもに近づくときは気をつけよ。
のがれよ。私の友よ。君の孤独の中へ。
強壮な風の吹くところへ。
蠅たたきになることは君の運命ではない。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com