読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

大人のギフテッドで心に問題を抱えやすいタイプ

ギフテッドであっても

 

能力を生かすことができ
他の多くのギフテッドに出会うことが出来れば
問題が起きることは少ない。

 


ギフテッドの中でも
とりわけ苦労が多く
心の問題が起きやすいのは

 

2E(発達障害を併発しているギフテッド)と
機能不全の家庭で育ったギフテッドです。

 


このようなギフテッドは
学業でつまずきやすく
自分の能力を生かせないままである可能性が高い。

 


そうすると

これまで話してきたように

 

自分の能力と見合わない環境におかれ
自分のIQとかけ離れたIQの人との関わりが主になることで

 



 

・ただでさえ低くなりやすい自己肯定感がさらに低くなる

 

・IQの差が大きい人とのコミュニケーションに苦しむ

 

・社会や周りの人の矛盾を見つけやすいのに
 さらに矛盾が多い環境に置かれるため苦しむ

 

・能力の激しい高低差によって
 「頭が悪いのに理屈っぽい」「口だけ達者」と受け取られ
 人から疎まれやすく、本人は理不尽な思いを抱える

 

・能力の激しい高低差によって、人の評価がめまぐるしく変わり
 自分というものが分からなくなる

 

・頭の中の沢山の感覚や思考を

   表現させてもらえずに頭の中が混乱してしまう

 

などといった
沢山の問題が起きてくる。

 


これでは心の問題が起こるのは当然です。

 

 

 

そして
まだ大変なことがあります。

 


ギフテッドは
心の問題が起こりやすいだけでなく

 

心の問題を解決していくことも非常に難しい。

 

 

 

一般的に

 

人はショックをうけることで心に傷を負い
その心の傷が心の問題を引き起こしていく。

 


ギフテッドは感受性が強く刺激を感じやすい。

そのためショックを受ける出来事は多く

より大きな衝撃を感じることになり

沢山の深い心の傷を抱えていく。

 

 

 

人は不快な感情を避けることによって
心理的に安定した状態を保つ。
この防衛のクセが対人関係などの問題を引き起こしやすい。

 


ギフテッドは不快な感情をつよく頻繁に感じやすいため
この防衛のクセが多く、それも強固なものになっている。

 

 

 

人は自分のイメージするものによって
自分の性格をつくりあげていく。
マイナスのイメージを持ちやすい人や
思いこみが激しい人は
悪い性格を作り上げやすい。

 


環境に恵まれないギフテッドは
日々ストレスにさらされ、不安が高く
自分に対してマイナスのイメージが強い。
さらに想像力が高いため
イメージが強固なものになり
悪い性格のイメージを変えようとしない。

 

 

 

こんなふうに

 

2Eあるいは機能不全の家庭で育った
大人のギフテッドは

 

多くの困難を抱え苦しみ
そこから抜け出せずにいるんです。

 

 

 

私自身もこの当事者です。

 

回復までには多くの苦労がありました。

 

でも
回復までの過程は

 

それまでの苦しさや
そこから続くであろう苦しさに比べれば
なんてことはないと思えます。

 

 

 

このような苦悩の多いギフテッドに
一番重要なのは

 


自分がこのようなことによって
人との関係に苦労してきたことを知ること。

 


現在の自分の性格は自分のイメージであり
いくらでも変えられるものだと知ること。

 


何かを変えていくというより
これまでの苦悩は

 

人からの誤解、自分自身の誤解
すべて「誤解」であると知り
その「誤解」を自分の手で変えていくしかないと
知ることです。

 


今は苦悩から抜け出すことが先決で
先のことは考えられないと思いますが

 

能力を発揮できなかったギフテッドが
自分を取り戻すことができたら
多くの人の役に立つことができます。

 


そして
自分のことをずっと嫌ってきたと思いますが
自分のことを大好きになれる日がきます。

 


これまで

沢山の物を手に入れようともがいていたはずです。

 

でも
「自分を大好きになる」

 


これが一番欲しい物だったと
そのときに気づくはずです。

 


困難ばかりですが
まだ諦めないでください。

 

月並みな言葉になりますが
自分のことを信じてやっていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com