読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

モデリングで自分を変えていく

何かダメなところを変えたいとか
何かをやれるようになりたいとか
思ったとき

 

必死に意識してみたりするんだけど

 


全然上手く行かない。

 

こんなことってありますよね。

 


私もいつもそうです。

 

 

 

頭で考えるのと
行動に移すのは全く違っていて
思った通りにいかない。

 


しかも
意識しすぎちゃって
緊張してしまう。

 

緊張は程よくないと
パフォーマンスを下げてしまう。

 


こんなときに使えるのが
モデリング
です。

 

<視覚優位型はイメージが重要②>
で書いていますが

 

これは視覚優位型でなくても
とても使えるのでもう一度書きます。

 


視覚優位型の人はもちろん

 

頭で考えすぎて上手くいかない人
緊張しやすい人

 

にもとても有効です。

 

 

 

私自身のモデリングの活用法です。

 


自分が思っていることが上手く伝わらない。
誤解される。

 

伝えたいことと言動が合っていない。

 

でも自分の持っている表現方法では
伝わりそうもない。

 


こんなときに

 


自分の伝えたい雰囲気はこの人。
この人の振るまいが自分の中身と合っている。

 

という人を思い浮かべて

 

その人になりきって
話すと
うまく伝わったりします。

 


身近な人
著名な人
映画の登場人物

 

どんな人でもいい。

 


その人の振る舞いや言葉づかいを真似する。
すると
自分の多面性が増えていくんです。

 

 

 


他にも

 

クライエントさんが

 


「対人場面で困ったとき

 

竹田さんならどう言うか
どんなふうに人と接するか

 

と想像しながら接したら上手くいきました。」

 


なんて言ってくれるんですが

 

これもモデリングですね。

 


私と同じ経験を積んで
対人スキルを学ぶのは時間がかかりますが

 


とりあえず真似から入って

 

私のリラックス感やユーモア
アサーション技術
なんかを使ってみる。

 

そして少しづつ
取り入れたいものを
自分の中に取り入れていく。

 


こうすると
比較的早く
コミュニケーションが上手くなったりします。

 

 

 

対人恐怖症の方や
コミュニケーションが苦手な方は

 

近くに同じような方が多かったりして
モデリングの相手が見つからない
ということもあります。

 

それだけでなく
悪いモデリングをしてしまっている可能性もあります。

 


そんな場合も

 

知り合い程度の人
テレビや映画の人
の中でなりたい自分を見つけて
モデリングをする。

 

 

 

ここで注意です。

 

なりきってしまうだけだと
自分の中に取り入れられず
ただのものまねで終わります。

 


なりきってみて

 

自分に向いている
この言動を取り入れたい。
これはちょっと自分には難しい。

 

などと取捨選択をすることが
絶対に必要です。

 

そうして

ものまねではなく

自分のものになっていきます。

 

 

必死に
これはダメ
こうしなきゃ

 

としても上手くいきません。

 

モデリング
上手く使えると

スムーズに言動を変えていける方法です。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com