読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を言葉で明確に表現しなければならない

ギフテッド

人は言葉に出して初めて

 

自分が
どう考えていてどう感じていたか
を知ります。

 

 

 

言葉でうまく表現ができない人が
芸術的な才能を持つことがあります。

 

うまく表現ができない
分かって欲しい

 

そんな強い気持ちが
才能となって昇華される。

 

それは素晴らしいことです。

 

 

 

でも
才能が開花しても

 

自分が分からない
混沌としている
ことに変わりはないため

 

心を病んでしまうことがあります。

 

 

 

ある程度

 

自分のことを
言葉で明確に表現できるようになって

 

自分がどんな人間か分かって

 

その上で
感覚的な表現をしていくといいのですが

 

自分のことを表現できないまま
感覚的な表現に没頭することは
非常に危険です。

 

 

 

たとえば

 

私は無力でひどくかよわい

 

もやがかかった中を歩く人形のよう

 

愛さえあれば生きていける

 

閉じこめられて身動きがとれない

 


こんな感じ。

 

私がボーダーの時に多用していた
詩的で自分に酔っている表現です。

 

 

 

こういう表現が悪いのではありません。
人の心に響きやすく
美しくはかなく見えますね。

 


しかし
自己理解が全くなされていない人に関しては
心が病ませる原因になるんです。

 

 

 

このような表現によって

 


自分の思考や感情がより分かりづらくなり
混乱していく

 


感情的な表現によって
より思考しなくなり、感情的になっていく。

 


自分に酔ってしまうことで現実から離れていく

 


現実から離れることで現実的な対処ができないため
何をやっても上手く行かない。

 

 

 

こんなふうになっていきます。

 

 

 

さきほどの例え

 

「私は無力でひどくか弱い」

 


このとき感じていたことを
私が今
きちんと表現しなおすとすれば
こうなります。

 


私は社会適応能力や生活能力が低いので
困ることが多くバカにされやすい。

 

生まれつき感受性が強いので
傷つきやすい。

 

でも思考能力は高く、人の役に立つことも出来る。
逆境には強い。

 


こんなふうにしっかりと表現すると

 

全体像を捉えられ
自分の長所と短所も見え
無駄に落ち込んだりすることもありません。

 

 

 

私はずっと
本が読めなかったので
この表現力が無かった。

 

感受性が強いので
すぐ詩的に表現したくなってしまった。

 


そのせいで
混乱し自分のことが分からなくなっていました。

 

 

 


また
思考についても同様です。

 

10数年前から
今と同じ思考力を持ちながらも

 

今のように
表現できなかったため
フラストレーションは大変なものでした。

 


今と同じことを話しても
誰にも聞いてもらえない。
理解してもらえない。

 

こんなにも自分のなかで理路整然としていても
表現が出来ない。

 

 

 

本が読めなかったので
自分が考えていることを
言葉や文章で理路整然と表現できなかった。

 

どれだけのものが自分の中にあるのか
自分でも分からなかった。

 


高度な思考力があっても
表現力がなければ
なにもないのと同じなんです。

 

 

 

本を読めるようになって語彙が増え
論文の書き方を学ぶことで
文章として表現をする方法を学んだ。

 


そのおかげで
私はずっと頭の中にあった膨大な情報を
吐き出すことができるようになり

 

心が健康になっていき

 

自分の考えていたことが人に評価されるようになり
自分を肯定できるようになった。

 


あのまま
私が表現する方法を学ばなかったら・・・
と思うとぞっとします。

 

 

 

このような経験から

 

私はきちんと自分を明確に表現をすること
を大事にしてもらうんです。

 

とくに
ギフテッドの人は絶対です。

 


頭の中に詰まっているものが
とんでもない量になっています。

 

何とかして吐き出していかないと
心が病んでしまいます。

 


本を読んで語彙を増やすこと

 

文章の書き方を学んで
詩的ではない表現で自分の気持ちや思考を出していくこと

 


ギフテッドの人には
ぜひやってほしいことです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com