逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ファッションが心を変える

おはよーございます。

 

 

今日はファッションの話。

 

ファッションは心に効く。

 


私はそう確信しているんだけど
なかなか
苦手意識が強い人が多くて
受け入れられるまでに時間がかかる。

 


でも
一番早く効果が出やすいので
ここは絶対に譲れない。

 


オシャレした方がいいよ
なんて
個人の価値観をおしつけないでよ
という気持ちは分かります。

 

 でも

私が言いたいのは
そんな話ではないんです。

 

 

 

多くのカウンセリングをしてきた心理職の人なら
みんな知っています。

 

心が健康になっていくと
あか抜けていく
ってことを。

 

心が健康になっていくと
自然とファッションや身なりに
気を使うようになり
見違えるようにいきいきとして変わっていく。

 

 

 

それで私は考えた。
先にファッションを変えることで
結果が表れやすくなるはず、と。

 


この読みは見事に当たりました。

 

 

 

なんでファッションで人生が変わるか。

 


人はやっぱり見た目で判断されている。

 

もちろん
長くつき合える関係では
見た目は重要ではなくなってくるかもしれない。

 


でも私たちが日々出会う人たち・・・
みんな初対面だったり
浅いつきあいばっかりです。

 

そういう人たちの反応に一喜一憂し
無意識に自尊心を下げていることに気づいていない。

 

 

 

見た目で差別はしない。
それは当然です。

 

接し方は変えない努力をしている人は多い。
でも心の中で無意識に
優劣をつけている。

 

自分に対しても
オシャレができない自分に自信をなくしている。

 

 

 

人間は結構単純な部分がある。

 

制服を着ると
気持ちが変わっていく

 

制服を着ている人に対し
接し方が変わる

 

っていうのは有名な話ですね。

 

 

 

制服がない人は?

 

自尊心が上がる
人から良いように見られる
制服のような服を着たらいい。

 

 

 

自分が
こんな服を着るなんて恥ずかしい・・・

 

わかります。

 

私もそうでした。

 


いいんです。
はじめはコスプレみたいなもんだと
捉えてください。

 

コスプレしている自分を
楽しんでください。

 

 

 

私自身が
ファッションで
ずいぶん変わった経験がある。

 


私はオシャレが大好きですが
昔は
古着系だったり
モード系だったりで

 

なんていうか
一風変わったオシャレな人。

 

そのせいで
ずいぶんと誤解されたし
自分に自信が持てなかったと今なら分かる。

 

 

 

今と同じように
人に親切で
道徳心が高く
自制心があり
真面目で勉強家だったんだけど

 

全く伝わらない。

 


人助けをする度にひかれたり怖がられる。
(スカルのTシャツやスタッズのついた小物を身につけている)

 

真面目なことを言っても
鼻で笑われたりバカにされる。
(派手すぎるデザインの服に金髪)

 

病院やデパートで白い目で見られる
(ボロボロのジーンズに古着のトップス)

 


ひどい扱いを受ける度に
なんで見た目で判断するんだ!

 

私はこんなに真面目で良い人間なのに
受け入れられない!

 

なんて
憤りを抱えていたものです。

 


いやいや
伝わらないですよね(笑)

 

 

 

このブログだって
カウンセリングだって

 

私が金髪でスカルのTシャツを着てたら
きっと
みんな誤解するでしょう?

 


好きな格好が悪いんじゃない。
私も未だに
たまにド派手な格好したくなる。

 

でも
自分がどんなふうに見られるかを
分かった上で着るならいい。

 


今日の格好は

 

ちょっとアウトローに見られるから
店員さんにぞんざいに扱われやすいな。

 

派手な格好だから
人助けをするときにギョッとされることがあるな。

 


こんなふうに分かっていることが大事。
服装で判断するなんてーーー!
って思っていても仕方ない。

 


いやいや
私は
オシャレが好きという程ではないけど
普通の格好しているから
関係ない話でしょ

 

と思います?

 


ところがね
関係ありますよ。

 


オシャレをしない人は
みんな
「自分に自信がない」
「見知らぬ人のぞんざいな態度に傷つく」
「バカにされたくない」
と思ってるんですもん。

 


じゃあ
自信がある人のファッションを着る
丁寧に扱われやすいファッションを着る
バカにされづらいファッションを着る

 

ことが必要じゃないですか。

 


あと
制服を着ると気分が変わるように

 

オシャレな服を着ると
自信がついたような気分になる。

 

品のある服を着ると
振る舞いに品が出てくる。

 


気分が上がるんです。

 

 

 

ファッションを変えるだけで

 

人からの扱いが変わる。
自分の気持ちが変わる。

 

こんな大きな変化が起きるから
私は
強くおすすめしている。

 


といっても
高い服を着ろとか
いつも品のある服を着よう
なんて言いたいわけではありません。

 

お手ごろ価格でも
いくらでも手に入る。

 

毎日じゃなくても
少しづつ
自信がつく服を着てみて欲しい。

 


ピシッとした服は疲れる。
そう思いますよね。

 

いやいや
今は
センタープレスのパンツでも
ウエストゴムがあって
ジーンズより楽。

 

シャツでも
テロテロ素材があって
Tシャツより楽。

 


じゃあ具体的にどんな服?
ていうと

 

品があって
コンサバだけど少しの流行を押さえている服。

 


女性限定になっちゃいますが

 

お金に余裕がある人は
IENA、アダムエロペ
みたいな感じ。

 

リラックス感はあるけどコンサバみたいな。

 


お手ごろ価格だと
apart by lowrys、ロペピクニック
とかでしょうか。

 


恥ずかしがらずに
店員さんに
全身コーディネートを頼むのもいいですね。
(その際はオシャレな店員さんをつかまえてね)

 


最初は
ものすごく拒否反応を示していたクライエントさんも

 

気分が上がること
人からの反応が目に見えて変わること

 

を実感して
ファッションに目覚めてくれます。

 


趣味や旅行にお金をつかうより
日々の自分をあげてくれるファッションに
お金をかけてほしい。

 

ぜひ
一度だけでも実践してください。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com