逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドの完璧主義

ギフテッドは
人生における全ての分野で完璧主義です。

 

それが
不安感や自己肯定感の低さや鬱を招きます。

 


完璧主義は
ギフテッドではない人にもあるので
珍しいものではありませんね。

 


でも
ギフテッドの完璧主義と
そうでない人の完璧主義には
大きな違いがあります。

 


この記事は
ギフテッドの方でないと
つまらない内容になると思います。

すみません。

 

 

 

ギフテッドではない人の完璧主義は
「人に認められること」がゴールなので

 

実際に完璧ではなくても
人から完璧だと賞賛されれば楽になります。

 

 

 

ギフテッドの場合
「人に認められること」というより
「人に実力の高さを理解されること」であり

 

「実力を全部発揮できること」
「最高到達点に達すること」が目的であるので

 

いつまでたっても楽になりません。

 

 

 

秀でることだけが目的ではないので
一番であっても99点なら意味がない。

 

完璧を目指して
全てをなげうって努力してしまうので
完璧でないことが許せない。

 

自分のそのときの能力の高さを鑑みて
完璧に出来る能力はあると予想できるので
結果が出なければ許せない。

 

 

 

私もまさにそうでした。

 

学生時代

 

満点をとれないテストを白紙で出して
問題になりました。

 

99点でずっと不満を口にするので
嫌みなやつだと言われました。

 

練習では完璧に出来ても
本番で実力が出せないことばかりで
自分は本当は無能なのだと落ち込んでいました。

 

ずっと努力を続けてきたのに
結果が出ないことで
号泣したり、鬱になったりしました。

 

 

 

ギフテッドは
なぜこんなふうに完璧主義になるのでしょうか。

 

ギフテッドには
もともとこういう特徴があると言われているだけで
メカニズムは分かっていません。

 


私の経験から考えてみると

 

・向上心の高さ
・視野の広さ
・難易度が高いことを好む
・結果のコントロールを望む

 

この特徴のせいで
完璧主義になっているのではないかと思います。

 

 

 

向上心が高いと
周囲と比較して秀でることには
意味を見いだせません。

 

最高到達点が100点だったら
そこしか見えません。

 

 

 

普通の人であれば
失敗か成功かで捉えるところを
ギフテッドは
人から成功と捉えられても完璧でなければ
穴があることが分かるので
穴があるうちはいつまでも自分を否定してしまう。

 

 

 

一方で

穴が見られないぐらい完璧に出来ることは
つまらなくなり
すぐに自分にとって難しいことを探しては
完璧にできずに落ち込むというジレンマを繰り返す。

 

 

 

自分の学校で一番だったとしても
周囲の人間の中で能力が一番高いとしても

 

広い世界で見たときに大したことはないと自覚し
いつも悔しい思いがあり自信がなくなる。

 

 

 

自分がやった分だけ
結果が出なければ許せない。
無駄が許せない。

 

 

 

このような感じで

 

いつまでたっても
目の前には高い壁が立ちはだかる。

 

いつまでたっても
自分を肯定できない。

 


これでは
苦しいのは当たり前ですね。

 

 

 

私はいまだに
これに苦しめられていますが

 

少しづつ工夫して楽になってきました。

 

 

 


いつも最高到達点を目指していると
全力を出し続けなければなりません。

 

自分の状態が悪いとき
エネルギーが十分ではないとき
こんなときも無理をしてしまう。

 

最高到達点なんてそうそう
たどり着けるものではないので
いつも不全感があり
自分に自信がもてない。

 


これが
ギフテッドの心と体を壊すと思うんです。

 

 

 


ここで私は考えました。

 


完璧に出来ることで
自分で
結果をコントロールしている
という実感が持てると思っていた。

 


しかし
完璧に出来るかどうかは

 

自分にはどうすることもできない
自分のコンディションや
状況などに左右されるものである。

 


完璧にできる能力があったとしても
コンディションが悪ければできない。
不利な状況だったりトラブルに見舞われればできない。
エネルギーは有限。

 

ということは

 


完璧に出来ることが
自分の能力の高さを表している
と思っていたこと自体が妄想。

 

 

 

そう分かったときに

 

自分が欲しい自分のコントロール感は
他のことで満たされることに気づきました。

 

 

 

自分の状態を詳細に把握して
そのときの
自分の状態での全力を出すことができれば
それが完璧である。

 

 

 

有限であるエネルギーを上手に使い
全力を出すときなのか
とっておくのか
少しづつ使うのか
どこに主に使うのかを考え

 

自分の有限のエネルギーをコントロール
自分の人生をコントロールする。

 

 

 

不利な状況
恵まれない環境で
最高到達点になかなかたどり着けない
と嘆いても意味がない。

 

低いところ

そこからどこまでいけるかが
難しく楽しいことであり
自分の能力の高さも発揮できる。

 

 

 

こうして私は
自分で自分をコントロールしているという
安心感を得ることができるようになり

 

自分を肯定できるようになり

 

難易度がちょうどいい人生の課題を
楽しめるようになりました。

 

私のやり方になりますが

 

ギフテッドの人の完璧主義は
このようにしていくことで
克服できるのではないかと思います。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com