読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

過保護、過干渉で育った人の苦悩

自分を知る

過保護、過干渉で育った人の苦悩は
ずいぶんと軽視されている。

 

そう思います。

 


過保護、過干渉で育った人は
私のような被虐待児と
対極にいると考えられますが

 

これまでのカウンセリングの経験上
似た部分があるように思います。

 


親の保護を一切受けなかった被虐待児の私が
過保護、過干渉で育った人のカウンセリングをし
多くの人の苦悩を理解してきました。

 


被虐待児は可哀想
過保護、過干渉で育った人は恵まれていて甘え

 

こんな誤解が
過保護、過干渉で育った人を苦しめています。

 

 

 

過保護、過干渉で育った人は
自分の人生を奪われてしまっている。

 


かまわれすぎて
自分と親の境界が分からなくなる。

 

先回りして行動されて
主体性が持てなくなる。

 

重要な選択は親に決められて
選択出来なくなる。

 

親と異なる意見や好みはことごとく否定され
自分というものを作れなくなる。

 

過剰に詮索されて
自分の中で熟考すること
自分の中にに留め置くということができなくなる。

 

 

 

こんなふうに
自立した大人に必要なことを
成長していく過程で
全部奪われているんです。

 


全部奪われたまま
大人として生きなければならない。
こんな心細いことはありません。

 

 

 

人と関わる度に

 


あなたは依存心が高い。

 

自分で自分のことが決められない。

 

流されやすい。

 

面白味がない。

 

おどおどしている。

 

など
批判され
全部本人のせいにされる。

 


こんなふうに育てば
誰だってこうなるのに。

 

 

 

それなのに

 

あなたは
いい環境で育った。
愛情たっぷりの両親。
そう言われてきて

 

自分の中にある違和感や不満
反抗心など
全て抑え込まなければならなかった。

 

 

 


自分のせいじゃないのに
上手くやれない。

 

人にバカにされる。

 

その悔しさや怒りは
親には向けられない。

 

自分が受けてきたことは
理解されづらく人に話すこともできない。

 

 

 


こんな苦しみが想像できるでしょうか。

 

 

過保護、過干渉で育った人は
何かと本人のせいだとされがちです。

 


でも
被虐待児と同様
自分の人生を奪われ
ハンデをおったまま人生を送っているんです。

 

 

 

過保護、過干渉で育ったあなた。

 


何歳になってからでも
自分は作っていけます。

 

ずっと
閉じこめられていたようなもので
自由にされたって
不安しかないと思います。

 

でも
忍耐の人生を送っていた間
沢山のスキルを身につけています。

 

あなたの能力は高い。

 


あとは

 

自分で感じる力。
自分で選ぶ力。
自分で動く力。
人生を楽しむ力。
こんなものをつけていけばいい。

 


大変な人生だったと思います。

 

でも身につけてきたことは
無駄じゃない。

 

あとは
ゆっくり
自分をとりもどしていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com