逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

共感性は高ければ高いほうがいいのか

「共感性」について。

 

これについては
お話ししたいことが沢山あります。

 


この「共感性」
必ず持っていなきゃいけない。

 

ないと人としてダメ。

 

高いことが優れている証。

 


なんとなく
そんな風潮があるように感じます。

 


私は
それに異を唱え続けています。

 

共感性が高すぎて
困難を抱える私だから
分かることかもしれません。

 


どんなことにも
良いところと悪いところがある。

 

なんて
みなさん理屈では分かっている。

 


その割に
絶対的に良いところしかない

と思い込んでいるものって多い。

 


たとえば
頭が良いとか
優秀だとか。

 

こんなのだって
悪いところは沢山ある。

 

頭が良いことに関しては
<境界性人格障害の原因①-IQの高さー>
で書いてます。

 

 


共感性も

なぜだか

素晴らしいもの扱いされている。

  


共感性の高さの良いところ。

 

 

それは何と言っても

 

人の苦悩を和らげられる。

人を助けられる。
人と距離が近くなる。

 


みなさん
人助けがしたい
人と近づきたい
と考えている人が多いから

 

共感性が大事
って思うのかもしれません。

 


ところが
ほどほどにしないと
どうなるでしょうか?

 

共感性の高さが
悪影響になります。

 


人の苦悩を持ちすぎて
その人が無責任になったり
自分がつらくなりすぎたりする。

 

人を助けすぎて
その人の力を奪うことになる。

 

距離が近づきすぎて
自他の境界が曖昧になる。

 

 

  

 

一方で

共感性の低さにも良いところはあります。

 


自立した人間同士であれば良い距離感が保てる。

 

人に対して分からないことを認めることで
人に対して偏見のない関わりが出来る。

 

問題点を見つける際に
冷静に広い視点で俯瞰できる。

 

問題解決の際に
邪魔である感情を抜くことで
すみやかに解決できる。

 


こんなに良いところが沢山あるんです。

 

 

 


これまで
共感性の低さは

悪いところばかり言われてきています。

 


人間味がない。

 

人を傷つける。

 

人の気持ちが分からない。

 

 

 

人を傷つける。
たしかに
理解してほしい人
自分の気持ちを自分で言えない人は

共感してもらえないと傷つくでしょう。

 

人の気持ちが分からない。
そもそも人の気持ちが分かることが良いことなのか
共感性がある人だって本当に人の気持ちが分かっているのか
という疑問が残ります。

 


共感性の低さは

 

自己中心性と結びついて害をもたらします。
自己中心性さえ克服できれば
人に迷惑をかけません。

 

 


これが

 

共感性の低さの問題点ではないでしょうか。

 

人間性とは関係がない。

 



共感性の低さは

  

人から責められてばっかりですが

本当に問題なのは
本人のつらさです。

 

さきほど
書いたように

 

責められやすく
人間性を疑われたりしやすいので
自尊心が低くなり
自己肯定感が低くなります。

 


また
自分の感情に気づけないので
ストレスを抱えやすく
それが体の不調となって表れる。

 


共感性の低さは
本人がすごく大変な思いをする。

 

 

 

この共感性の低さは
直らないものではありません。

 

もともとの低さはあっても
そこから少しづつ学びトレーニングを重ねれば
高めていけるものです。

 

 

 

共感性は高ければいいものではないし

 

共感性は低ければ人としてダメなわけではない。

 

私は
共感性の高さばかりを盲信している人の方が
問題があると感じます。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com