読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

アダルトチルドレン、サバイバーなどの呼び名

機能不全の家庭で育った人を

 

最近では
AC、アドルトチルドレン
と呼ぶのが主流になってきているようです。

 

ACというのは
ギフテッドと同様に診断名ではなく
便宜上、そう呼んでいるんですよね。

 


ギフテッドの場合
高IQ
高い知的好奇心
高い感受性
高い共感性
高い集中力
高い道徳心などをもち
その個性から周囲に馴染むことができず
自己に厳しいゆえに心の病になりやすい。

 

なんて説明が大変なので
呼び名が必要です。

 


でも
ACという呼び名
私はすごく嫌いなんです。

 


機能不全の家庭で育った人
アダルトチルドレン

 

そんなに長さが変わらないじゃないですか。

 

名付ける意味ありますか?

 


アダルトチルドレン
としたせいで
子どもっぽい大人
大人になりきれない大人
なんて
ちょっと侮蔑した意味合いが

含まれてしまっているよう。

 

しかも
そう呼ぶと
本人に責任があるような感じじゃないですか。

 


アダルトチルドレン
と呼ばれる人
自分をそう呼ぶ人は

 

機能不全の家庭で育った人
でそれ以上でも以下でもない。

 


症状の出方は
本人の個性や機能不全の形態でかなり違う。

 


機能不全の家庭で育ったから
心の傷があるし

 

生き抜くために自分を守るために
自分だけのやり方をつくりあげた。

 

それが
周囲から浮いてしまう原因であり
人生をより良くしていくことを阻害する原因。
なにか言動に問題があっても
もともとは本人のせいじゃない。

 

大人になりきれなかった
かわいそうな人ではない。

 

私はいつもそう思う。

 

 

 

バイバー
これも同じ。

 

英語が達者な人は
この言葉に奥深さを感じるのでしょうか。

 

私が英語が得意ではないからでしょうか。
ただ生き残った。
その程度の意味しか感じられません。

 

 

 

被虐待児の方は違和感をもちませんか。

 

おつらいので
虐待という用語は
やはりあまり聞きたくないでしょうか。

 


でも
私は
その腫れ物にさわるような感じ

 

自分が悪いことをしていないのに
事実を言ってはいけないという感じ
自分が気を使わせている存在と思わされる感じに
罪悪感を持ってつらかった。

 


虐待をされた。

 

それは
人はあんまり聞きたくないことでしょうね。

 

でも
それが事実です。


された側は事故にあったようなもので

 

虐待されるような人間だった

わけでもなければ

 

虐待を未然に防げるのに防がなかった
人間でもない。

 


だから
胸を張って言いたい。

 

私はサバイバーじゃなく

 

虐待をされて育った人間です。

 

みなさんは

見たくない部分を無かったことにして

 

虐待から生き残ったすごい人
って
一言で要約したがるけど

 


私たちは
みなさんが想像できないぐらい

 

毎日毎日緊張の中
自分の何がいけないのか
自分はどうしたらいいのか
考え続けた。
とてつもない長い時間。
子どもにとっての1日の体感がどれだけ長いか。

そして終わりがなかった。

 

子どもの狭い世界での
虐待という出来事は
バイバルなんかじゃない。

 

きっと
大人が強制収容所を経験するぐらい
ショッキングで絶望的な出来事なんだと言いたい。

 


バイバー

 

一番大事なところをそぎ落とした呼び名は
被虐待児のための呼び名ではなく
周囲の人が見たくないところを見ないための呼び名

 

私はそう思ってしまうんです。

 

生き残ったことよりも

 

生き残るまでに

どれだけ壮絶な体験があったか。

 

そのトラウマや

養育過程に必要なものが抜け落ちているせいで

今も苦しみが続いている。

 

そこをちゃんと見て欲しいんです。

 

 

存在を認識してもらうために

こういう名付けが必要なのかも知れませんが

私はできれば使いたくないんです。

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com