逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

話が堂々巡りする理由

話が堂々巡りをする。

 


聞かれたことに助言しても
でも・・・だって・・・
といって
同じ質問や反論ばかりを口にする。

 

自分もこういうことをしたり

人にされてイライラを感じたことは無いでしょうか。

 


こういうことって
結構多くありますよね。

 


なぜ
こんなことが起こるのでしょうか。

 


物わかりが悪いのか
話を聞いていないのか・・・

 


こんな理由ではないんです。

 

 

話が堂々巡りする理由は

 

「現実を受け入れられない」
からです。

 


現実を受け入れられない。
現実を受け入れたくない。

 

こんなことは誰にだってあることです。

 


そんなとき

 

やだやだ!
信じたくない!
頭では分かっているけど無理!

 

なんて言えたらいいんですけど

 


話が堂々巡りする人は

 


つい

 

物わかりがいい人のフリをしてしまう。

 

頭で考えて何とかしようとしてしまう。

 

のです。

 

 

 

現実を受け入れられない。
まだその段階に来ていない。

 


頭で考えて

何とかしようとしてはいるけど

 

それは 

どうしたら状況が好転するか

 

ではなく

 

どうしたら努力しないで状況が好転するか

である。 

 

 

私がよくする例え話なんですが

 

働かないでゴロゴロしている人が
お金持ちになりたい。
ゴロゴロしながらお金持ちになる方法ってない?

 

って
あなたに聞いてきたらどう思いますか。

 


いや

働けよ
って思いますよね。

 


これ

みなさんも同じことやってるんですよ。

 

 

 

現実を受け入れられないけど
状況が良くならないことを嘆いて
何かのせいにして怒って
このままで状況が良くなることを願っている。

 


これは
成長過程で
誰もが通る道ではないかと

私は思うのですが

 

大人になっても

色んな場面でこうしていることで
本人が苦しんでいるんですよね。

 


自分を責める必要はないけど

自分は今
こんな状態なんだ
と理解する必要はあります。

 


話が堂々巡りする。
現状が変わらない。

 

それは

現実を受け入れられないからです。

 


現実を受け入れるためには?

 

 

 

かっこつけずに

 


やだやだ!
信じたくない!
頭では分かっているけど無理!

 

なんてことを言うことからしか

始まらない。

 

自分の言葉でね。

 


いつまでも
かっこつけて

 

できないのにできるフリをして
わからないのにわかるフリをして
ものわかりのいいフリをしていたら

 

話も
現状も
堂々巡りするだけです。

 


もう思い切って
駄々をこねましょう。

しかたがない。

 

そこから始めていくしかないんですから。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com