読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

大人だって子どものように成長する

大人は成長しない。

 

なんとなく
無意識にこんなふうに
捉えていませんか。

 


この年になって今さら変えられない
この年までこの性格だから
なんて
言っている人
多いですね。

 


本当にそうでしょうか?

 


私はそうは思いません。

 

カウンセリングで
何歳であっても
出来なかったことが

どんどん出来るようになっていく姿を
見てきたからです。

 

 

 

子どもは数年で

 

ガラッと性格がか変わったり
成績が急激にのびたり
運動など技術的なことも急にできるようになったりと
成長が著しい。

 

みんな

これを当たり前のことと捉えている。

 

あんな性格だったものが変わるわけ無い
バカだったのにできるわけがない
できなかったことができるようになるわけがない
なんて
子どもに対しては思わない。

 


じゃあ
なんで大人はダメなんでしょうか?

 


若いときほど
体力が
脳の働きが・・・
なんて声が聞こえてきそうです。

 


確かにそうですよね。

 

若いときなんて
何時間も
動き続けたり
一つのことに熱中し続けられる。

 

今は
そんな体力ありませんよね。

 


だからといって
これが
子どもの時のような変化は起きない
なんて断言できる根拠になるのでしょうか。

 


確かに

 

短い期間で追いつめて
何かを成し遂げる
ということは

 

子どもや若い人の特権ですね。

 

とてもとても
真似できません。

 


でも
ゆっくりと
毎日こつこつとやる方法でだって
何かを成し遂げることはできるはずです。

 


私は
大人が成長しない理由は

 

体力や脳の働き
の問題ではなく
もっと違う問題だと思っています。

 

 

 

それは

 

「やりたい」という気持ちが持てない。

 

自分が知らないという自覚が持てないので
素直に吸収しない。

 

自分の変化が良いものであっても怖い。

 

大人は成長しないという強い思いこみを持っている。

 


ということです。

 


体力や脳の働きと違い
認知を変えることで改善できることです。

 

 

 

もし
変わることができたら?

 

自分を好きになれるかもしれない。

不満ばかりの人生に希望が持てるかもしれない。

変わらないままで人生を終える方が怖いかもしれない。

長く生きてきてもまだ知らない世界はあるかもしれない。

 

たとえば
こんなふうに考えたら
自分を縛るものは
無くなっていくのではないでしょうか。

 


これが改善したら
大人も子どものように成長していきます。

 


カウンセリングでは
ここの部分の改善が本当に難しい。

 


結局は
自分自身で
成長しないように縛っているのに

 

大人になると変わらない

 

といいながら
現状に文句を言ってしまう。

 


もちろん
改善を望んでいない人は
そのままで良いです。

 


何歳になっても
まだできることがある
まだ変わりたい
もっと自分を良くしていきたい

 

と思っている人は

 

まずは
ひたすら努力をしてみる前に

 

大人だって成長するんだ
ということを
理解するところからはじめてみてください。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com