逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

6月は自律神経が乱れる月

おはよーございます。

 


ちょっと落ち込んでいる。

 

いや
ものすごく落ち込んでいる。

 

しばらくブログお休みさせてもらおうかと
思ったぐらい。

 


その理由・・・

 

書いた記事がいくつか消えたから。

 

 

 

そんなことかよ
なんて言わないで。

 

私は一つの記事を書くのに
ものすごく
感情を込めて書くから
すっごい疲労するし

 

二度と書けない。

 

思い出せない訳じゃないけど
一回書いちゃうと
そのことに関して
すっきりしちゃうから

 

同じ事を書いても
つまらない
なんだか足りない文章になったりする。

 

記事が消えただけで号泣している
40女。
ひどい姿だったよ。

 


これね
ポメラのせい。

 

ポメラはデジタルメモで
小型・軽量でいつでも書ける。
パッと開くとすぐに起動して書ける。

 

私は
ボーッとしててふと思いついたときに
ひらめいたっ
っていう感じで書くから
ポメラしか考えられない。

 

 

 

3代めのポメラ
買って一ヶ月しか経ってない。

 

題名はちゃんと残ってるのに
開くと他の記事の一部にすりかわり
シャッフル状態。

 

シャッフルで一部しかないから
記事がひとつ消えたとかじゃないんだよ。

 

ADHDの人の対処法とか
ギフテッドの人の工夫とか
自尊心の上げ方とか
私のカウンセリングのこととか

 

消えた・・・

 

ひらめきがもう来ない。
立ち直れない。

 

なぐさめて。

 


いや
逆境から立ち上がったとか
言ってんだから
立ち直ろう。

 


ところで
6月ですよ。

 

一年で一番気圧が低い月!

 

てことは
自律神経の調整がうまくないADHD
そりゃもう調子悪いでさーね。(ザコシショウ)

 

うちの猫も
明らかにイライラ
遊ばない
咳をする(喘息ぎみ)

 

気圧は動物に
ものすごい影響与えるね。

 


私は
ゴールデンウィークとか
秋の大型連休とか
そんなのより
6月にごっそり休みたいと思う。

 

年中無休で頑張って
来年は
6月は全部休むとかしてみようかと思うぐらい。

 

ADHD
ただでさえ血流悪くなりやすいし
過敏なのに

 

低気圧で
全身の血流・リンパの流れが悪くなる。
ヒスタミンが分泌するから交感神経優位になって過敏になる。

 

だるいし
むくむし
やる気は出ないし
イライラ
大変。

 


こんなときは
自分を甘やかし。

 

頑張るのは来月から。
面倒なことは来月。
好きなことばっかりしよう。

 


だけど

 

運動だけは別。

 

低気圧の不調の時こそ
重たい体を引きずって運動しないといけない。

 

運動は自律神経の働きを高めるし
血流も良くする。

 


6月は本当にだるくて運動なんてイヤだけど
動いて欲しい。

 

それは
私が大変な目にあったことがあるから。

 


ある年の6月
自分で
怠けではなく
どう考えてもだるい
と引きこもってゴロゴロしていた。

 

ゴロゴロしていたら
いよいよ体調が悪くなり
寝たきりになった。

 

寝たきりになったら
手足がしびれ歩けなくなった。

 

精密検査をした。

 

検査の結果
血栓ができかけてた。

 


極端なエピソードね。

 

だるいときに
ゆっくり過ごすって
大事だけど

 

気合い入れて運動した方がスッキリ
ってことが良くある。

 

自分の経験からになるけど
気圧によるだるさは
有酸素運動がすごく効く気がする。

 


今は
毎日ひと汗かいてから
カウンセリングにむかう。

 

ADHDのみなさん
そうじゃない人も
6月はしんどいですが
一年でいちばんのんびりする月にしましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com