逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

失敗をしなければ本物の力はつかない

失敗は成功の元

 

失敗を恐れてはいけない

 

失敗があなたを成長させる

 


など
失敗が良いもの
とされる言葉が溢れています。

 


とは言っても
失敗は怖い
失敗して傷つきたくない

 
それに
なんで失敗が必要なのか
いまいち分からないですよね。

 


私もそうでした。

 

失敗するとショックを受けるし
自信が無くなるし

 

できることなら失敗したくない。

 


でも
ここで

 

私たちは
何を得ようとしているのかを
考えてみたいですね。

 

 

成功したい。

 

自分の置いた目標を達成したい
それは当たり前のことです。

 

 


思った通りに物事を進めたい。

 

思った通りにいけば安心する。安心したい。
それも当たり前のことです。

 


でも
私たちが得たい物は
本当にそれだけでしょうか。

 


まだあるはずです。

 


達成したなら
達成した人なりの力がちゃんと欲しい。

 

上手く行ったなら
同じような事にも対処できる力が欲しい。

 


そんなふうに
無意識に思っているはずです。

 

 

 

結局は

 

まぐれで達成することに満足していない。
上手くいけばなんだっていいと思っていない。

 


一度上手くいったことが
つぎに上手くいかないことに
すごく怯えていたりしませんか。

 


つまり
私たちは

 

ただ成功することだけを
望んでいるのではなく

 

じつは
同じようなレベルのことを遂行する力
同じような難問にぶつかったときに乗り越える力

 

も同時に得ることを望んでいるんですね。

 

 

 

じゃあ
このような力は
どうしたら得られるのでしょうか。

 

 

 

ここで
失敗の必要性
が出てくるんです。

 


成功した事例と
そっくりそのまま同じ事例

 

人生ではそうそう起きません。

 

いえ
絶対にありえません。

 

時間、場所、人、空気
微妙に何かしら変化があります。

 


そのため
成功した事例と全く同じ事をしても
上手く行かない
ということが起きます。

 

それはそうです。
違うところがあるんですから。

 

だから
調節をする必要が出てくる。

 


失敗は
この調節する力をつけてくれるんです。

 


植物が一発で芽が出たら
その植物に
何が良かったか分からない。

 

なかなか
芽が出ない状態で

 

肥料を変えてみたり
水の量を変えてみたり
光量を調節したり
して

 

その変化を少しづつ観察することで
その植物に適切な
肥料や水や光量が分かったりする。

 

 

 

色んな問題の失敗も

 

失敗をしたあと

 

じゃあここをこうしてみよう

少し上手く行ったけどまだダメ

じゃあ次はここを変えよう

上手く行った!

 


と試行錯誤をするから

 

成功したことと似た問題にも
対処する力がつくんです。

 


失敗は本当に嫌ですが
本物の力をつけるためには
避けられない。

 

絶対に必要なものなんです。