読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

努力ができない人の特徴

努力ができない自分はダメ

 

そんなふうに考えていませんか?

 


努力できない人間がダメで
努力できる人間がすばらしい

 

それは本当でしょうか。

 

 

努力ができない人ほど

 

真面目で自分に厳しい

 

そんな特徴があります。

 

 

そもそも
努力というのは何でしょうか。

 


ある特定の目標がある。

 

その目標を達成するために必要なことを続ける。

 


こんな単純なことではないでしょうか。

 

 

 

こんな単純なことだからこそ

 

努力には
人間性なんて関係ないはずです。

 

 

 

では

 

努力ができる人とできない人には
どんな違いがあるんでしょうか。

 

 

 

それは

 

努力ができない人には

 

「努力をつらいものに変える癖」

 

があるんです。

 

 

 

努力とは

 

「目標を達成するために必要なことを続けること」

 

と先ほど言いました。

 

 

 

その必要なこととは
目標によって様々です。

 

しかし
どんな手段であっても共通なのは

 

「慣れるまでが大変」

 

ということです。

 


<新しいことを始めるのはそんなに簡単ではない>
で言ったように

 

新しいことに取り組むときには
どんな良いことであっても
大きなストレスがかかります。

 


そして
新しいことに取り組むときは

 

筋トレでたとえると
筋肉が全くない状態から
ということになります。

 

それなのに
いきなり30キロを持ち上げようとして
絶対に自分はムリだと思ったり

 

ずっと鍛えてきたムキムキの人が持ち上げたら
すごい人だと思ったりする。

 


なぜ
あなたが持ち上げられないか
あなたが死ぬほど苦しいか

 

それは
筋肉を鍛えてこなかったから
今は筋肉がない

 

それだけのことです。

 


いつも新たな目標に向かうときは

筋肉がない状態から
いつか重たい物を持ち上げられることを目指している
ということを理解しましょう。

 


筋肉がないのに
いきなり重たい物を持ち上げようとするから
あなたはできないし
つらすぎて続けられないんです。

 


だから
新しく始める一番大変なときは
すごく軽いことから始めたらいい。

 

面倒でも
筋肉がつくまでは

毎日こつこつ軽い物を持ち上げる。

 

持ち上げるという習慣ができてから
筋肉がつきはじめてから
やっと
重たい物に挑戦する。

 

筋トレ以外でも

こんなようなやり方が
つらくない努力です。

 

 

 


努力をつらいものに変える癖はまだあります。

 

それは

 


努力とは
「目標を達成するために必要なことを続けること」

 

だったはずが

 

いつのまにか
目的を見失って

 

「努力をしている姿を見て欲しい」

 

になってしまっているんです。

 

 

「こんなに自分は頑張っているのに」
「なんで分かってくれないの」
と心の中でふつふつと思う。

 


「努力をしている姿をみてほしい」
そんな気持ちは誰しも少なからずあるでしょう。

 

しかし
それが目的になってしまっている人は

 


人にねぎらって欲しい
人に手伝って欲しい
つらいなら頑張らなくていいと言って欲しい

 

みたいなことになってるんです。

 

 

人に見ていてもらったって
必要なことを続けなければ目標に近づきません。

 

筋トレを頑張っている姿を見ていてもらったって
筋肉はつきませんよ。

 

 

 

目的がすり替わっているせいで

 

努力は
人に見ていてもらわなければやらない。

 


自分はこんなに頑張っているのに
なんで分かってくれないの
という
悲劇のヒロインの思考で
自分の苦痛を実際よりも強めている。

 


これでは
自分は努力をしているつもりなのに
実際は必要なことを続けられていないし
実際よりも苦痛が大きい。

 


こんなことが起きているんです。

 


努力ができない人

 

それは
努力ができない人間なのではなく

 

長きにわたって
努力をつらくする癖を変えない人

 

なんです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com