読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

足るを知る

幸福感を高めるには

 

人間に備わった
「慣れ」のプログラミングを
どうしていくかにかかっている。

 

と話しました。

 


このことは
世界共通
古今共通
のこととも言えるのではないでしょうか。

 


「慣れ」の観点からいくと
どの時代の人も
幸福感は変わらないはずです。

 


昔は
食べる物にも事欠く
不便なことばかり
娯楽も今に比べると少ない。

 


でも人間は
厳しさに慣れ
その中で光を見つけることができる。

 


例外は

 

周囲と比較して自分だけが
厳しい状況に置かれている場合です。

 

厳しい状況であっても
周囲と同じであれば慣れによって

不幸だとは感じづらい。

 

 

 

例えば
私の話になりますが

 

養護施設にいるとき
外の情報が入ってくるまでは
自分のことをそんなに不幸だとは思わなかった。

 

「親が居ないことは特殊であり不幸」
「養護施設出身は驚かれる経歴」

 

そんな情報を知って
私は自分のことを不幸だと思いみじめになった。

 


同じ状況なのに
幸福感が変わってしまう。

 

 

 

これは
みなさんにも起きています。

 


このブログを読んでいる人は

 

住むところがあって
毎日食べる物にも困らない。
娯楽も沢山あり
ペットを飼うこともできる。
仕事もあって
旅行に行くこともできる。

 


それなのに
セレブな人の生活と比較して
余裕がある人の生活と比較して
沢山持っている人と比較して

 

自分は足りていない
と思い込む。

 

 

 

「もっとほしい」
「人からうらやましいと思われたい」
こんな気持ちは
みんな一度は持つものだと思います。

 


でも
この気持ちこそが

 

周囲と比較して
自分は足りていない

と思い込ませ幸福感を低めるんです。

 


だから
この気持ちを持ち続ける人は
どこまでいっても
満たされることはありません。

 

ずっと幸福感を減らすコントロール
をしているんですから。

 

 

 

このようなことから
幸福感は
沢山手に入れることでは高まらない
ことを分かっていただけたでしょうか。

 


幸福感を高めるためには?

 

これまで話してきたことと
逆のことをするということです。

 

 

 

ここでよく起こる誤解は

 

自分より下の人と比較して
優越感を持ったり見下したりすること。

 

これは
一見
周囲と比較して
自分が恵まれていると自覚している
行為に見えますが

 

実際は
勝ち負けになっているだけです。

 


幸福感を高めるには
勝ち負けではなく
客観的に自分が恵まれていることを知る
ことです。

 


日本に住んでいるみなさんは
事実として恵まれているので
これが簡単なはずです。

 

「世界がもし100人の村だったら」
がこの考え方です。

 

銀行に預金がある
財布にお金がある
大学教育を受けられる
のは
100人のうちの一人です。

 

 

 

そして
長い人類の歴史を考えても

 

今がもっとも
自由で恵まれた時代である。
これが事実です。

 

私が時代劇を好んでみるのは
いつもこれを再確認できるからです。

 

 

 

私は
多くの人から見ると
養護施設出身
被虐待児
天涯孤独
発達障害
で不幸なようです。

 


でも
私自身は

 

親がいないことが
珍しくない
時代や場所があり

 

私の虐待より
悲惨な虐待は
時代をさかのぼれば
世界を見渡せば
山ほどある

 

ということを分かっている。

 

 


好きな物を食べ
住むところがあり
きれいな服を着て
毎日好きなことができる。

 

どこが不幸なんだろうか。

 


そう思います。

 

 

「わたしたちは恵まれているんだから」

 

そんなふうに
言い聞かせられても
なかなかそう思えない。

 


でも
こんなふうに

 

時代をさかのぼって
世界を見渡して
自分を捉えてみる。

 


そうしたら
きっと
自分が恵まれていることを知ることができる。

 


幸福感を高めることができるはずです。