逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

手に入れられる喜びを高める

人間は慣れる生き物。

 

さまざまな厳しい環境下でも
めまぐるしい変化にも
適応していけるように
プログラミングされている。

 

そのおかげで私たちは
正気を保っていると言えるのかもしれませんね。

 


でも
このプログラミングは

 

幸福感に関しては
害でしかないんです。

 

 

 

どんな幸福にも慣れてしまいます。

 

慣れると幸福感は減ってしまいますね。

 

 

 

幸福感を高めるには

 

このプログラミング
「慣れ」を
どう克服していくかにかかっています。

 


たとえば

 

みなさんも

 

欲しいモノを手に入れたのに
思ったより喜びが湧かない。
喜びが持続しない。

 

そんな経験があるのではないでしょうか。

 


子どもの頃は
もっと喜びが大きかったですよね。
いつまでも喜びが続きましたよね。

 


小学生の頃
自分のお小遣いで買った
カワイイ、カッコいい文房具。

 

嬉しくて何度も手に取ってみては
使うのを楽しみにして
友達に見せるのを楽しみにして
ワクワクが止まらなかった。

 


中学生の頃
修学旅行のために買った
ちょっと背伸びをしたオシャレな服

 

汚れないようにと大事に大事にして
それを着る度に自信がみなぎるようで
気に入って何度も着たりしませんでしたか。

 


大学生、社会人になりたての頃
ムリをして
高いモノやブランドものを買って
とんでもなく興奮して
嬉しくてたまらなかった経験はありませんか。

 

 

 

それなのに
大人になると

 

高いモノを買うのはきついけど
ムリをすれば買えるという感覚になり

 

どうしてもコレがほしい
という情熱が無くなり
流行によってどんどん欲しいものが変わっていく。
欲しいモノをずっと思い続けることはなくなる。

 

そのため
かなり高いもの
すごく欲しいと思っていたものでも
すぐに冷めてしまう。

 

そして
もっと高いもの
もっと欲しいものを
手に入れようと躍起になる。

 

 

 

セレブな人はまさにこの状態で

 

興奮を得られないから
より高いものを求めるようになる。

 

自分の喜びを得られないと
人に自慢して喜びを得るようになる。

 

 

 

次々と異性をとっかえひっかえする人も
このことが原因ではないでしょうか。

 

モテるので
簡単に好きな異性が手に入ってしまうので
すぐ飽きてしまう。
もっとレベルの高い異性、新しい異性
となっていってしまう。

 

キリがありません。

 

 

 

みんな
子どもの頃のような興奮を
味わいたいんですよね。

 

どうしたらいいでしょうか。

 

 

 

子どもの頃は
何でもかんでも買えなかった。

 


子どもの頃は
みんな奥手、相手も奥手で
恋愛がなかなか思い通りにならなかった。

 

 

こんなふうに
少しでも
手に入れるのが難しい状況をつくるということです。

 


モノだったら
金銭的に余裕があっても
貯金や人のために使うなどして
あまり自由にお金をつかえないようにしたり

 

欲しいと思ってから
じっくり考えて
我慢してから手に入れる。

 

 

 

恋愛だったら
少しレベルの高い異性にアタックしてみる
簡単に振り向かないタイプの人にアタックする。
本当に好きな人ができるまで一人でいる。

 

など

 


大人になって
手に入れることが簡単になってしまったモノを
さまざまな手段で難しくする。

 


欲しいけど
本当に大事にできるのか
代用のモノはないのか
気持ちが落ち着いても変わらなく欲しいのか

など

 

何度も
じっくり考えてから手に入れようとする。

 


こうすることで

 

やっと
手に入れたとき

 

わくわく興奮して
手に入れるまでの苦労を思って
気持ちが持続するはずです。

 

 

 

簡単に手に入れられる。

 

だからといって
それに慣れないようにして

 

幸福感を高めていきたいですね。

 

 

 

 

 関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com