読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

今すぐできる社会貢献


社会貢献という言葉は
実は
ずいぶんあいまいな言葉だと
私は思うんです。

 


仕事をしていれば社会貢献
ボランティアをしていれば社会貢献

 


このような社会貢献をしている人の中には
自分の利益だけを考えている人もいる。

 


こういう
目に見えやすい社会貢献ばかりが評価されるせいで
そうでない人の無力感が高まってしまう。

 

 

 

 


私の話になってしまいますが

 

私は社会貢献ができないことに
ずいぶんと苦しめられてきました。

 


それまでの養育環境から
社会貢献をしたくても
そのスキルを得るところまでもいけない。
その力を得ることもできない。

 

気持ちはあっても
努力はしたくても
スタートラインにすら立てない。

 

そんな思いでした。

 


社会貢献はできない
それどころか
社会から抹消されている存在でした。

 


大げさではなく
私が消えても誰も気づかない
という時期が本当にあった。

 


この
存在意義が全く無い
という感覚を味わった人は
そんなにはいないでしょう。

 

最低でも
みなさんには
ご家族や親類がいるから。

 


絶望を味わいながらも
とにかく
自分が今出来ることをやり続けた結果

 

私が導き出した答えは

 


今一般的に言われている
社会貢献とは
わかりやすい一つのやり方であって
まだまだ他のやり方がある。
ということです。

 


力やスキルがある人は
そうやってわかりやすい社会貢献をすればいい。

 

でも
そうじゃない人は
社会貢献ができないのか
考えてほしいんです。

 

 

 

とても
馬鹿げた話だと思われるかもしれません。
でも私は
これから話すことが事実だと思っている。

 


わかりやすい社会貢献を求めるあまり
みなさんは殺伐としている。

 

真面目に頑張っていて
いつもへとへとで
お互いに傷つけ合って
自分だけがつらい気持ちになって
自分が得ることばかり考えている。

 


社会貢献をしながら
社会にマイナスのことをしている。

 

 

 

自分の一挙手一投足が
どれだけ社会に影響力があるかを
みなさんわかっていない。

 

 

 

毎日ヘトヘトの状態で

 

あなたに
笑顔をくれる人がいたらどうでしょうか。

 

ほんの少し困っているときに
手をさしのべられたらどうでしょうか。

 

あなたの話を聞きたいと
思ってくれる人がいたらどうでしょうか。

 

あなたの存在に
感謝をしてくれる人がいたらどうでしょうか。

 

あなたのつらさを
分かってくれる人がいたらどうでしょうか。

 

 

きっと
明日への活力になって
仕事のモチベーションは上がり
仕事のパフォーマンスが上がる。

 

何らかの依存や
心の病気を未然に防ぐ。

 


こんなことが起こり得る。

 

 

ちょっとした行動ひとつで

誰かの
モチベーションや
パフォーマンスが上がる

心の健康を保てる

 

これは立派な社会貢献ではないでしょうか。

 

 

 

いま恵まれない状況でつらいあなた。
自分には何もない
何もできないと言ってふてくされてしまう。

 

そんなはずはありません。

 

今すぐできる社会貢献がある。

 

 

 

あなたが機嫌良くいるだけで
家族は幸せだ。
家族が元気に社会貢献できる。

 

あなたが誰かの話を興味を持って聞くだけで
その人は救われる。
その人は元気に社会貢献できる。

 

あなたが誰かの味方になれば
その人は救われる。
その人は元気に社会貢献できる。

 

 

 

わかりやすい社会貢献は
人に認めてもらえる。

 

だから
そっちがいいと思うかもしれない。

 

でも
自分だけしか知らなくても社会に貢献できたと確信できる
本当の意味で人の役に立てたと確信できる

 

人の評価を必要としない社会貢献。

この幸せは

わかりやすい社会貢献では
得難いものだと私は思っている。

 


社会貢献はいいものだ。
社会貢献はすべき。
と言いたいんじゃありません。

 


人の評価を抜いた

社会貢献が
幸福感につながっている

 

そう思うから

 

みんなが求める幸せのために
今すぐできる

自分だけしか知らない

社会貢献をしてほしいと私は思うんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com