読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

まだまだ成長している

私事

おはよーございます。

 

 

 

ちょっとね
毎度毎度で嫌になるんだけど

 

トイレットペーパーを
交換するとき
逆さにつけちゃうんですよ。

 


トイレットペーパーを確認する

 

ペーパーが下に向いている方を下向きに。

 

使うときにそこをひっぱると
トラップ!
逆でした!みたいなね。

 

折り返してのり付けされてるから
逆さなのは当然なのに
何度もやってしまう。

 

くやしい。

 

ちなみに
おしりセレブ。

 

おしりだけセレブ。

 

 

 


ところで

 

時間の経過って残酷ですね。

 


ぼー
っとしてたら40になってた。

 


いや
嘘か。

 

わたし必死に生きてたけど
40になってた。

 


ブログをずっと読んでいてくれている人は
お気づきだと思いますが
私のブログ
40才女性としては
非常に痛すぎる文面になっております。

 


痛いというのは正解で

 

私は
意識をすれば
ちゃんと大人としての言動がとれるんだけど
楽しくなりすぎると
幼稚すぎる痛い言動になる。

 


よく女子高生のように
道で友人とゲラゲラきゃっきゃ
してるから
振り返られる。
当たり前だ。40なんだから。

 

 

 

これはADHD由来。
ADHDは精神年齢が低い。

 

この精神年齢は低いまんまじゃなく
ゆっくり成長するんですけどね。

 


これがコンプレックスだったなー

 

私の場合
ギフテッドもあったから

 

大人と同じような知識を持っていたり
大人のような物言いをするのに

 

はしゃいでいるときは
同年代の子どもより幼く幼稚。

 

奇妙でしょうね。

 


いつになったら
落ち着きをもつのか。

 

おばさんになったら
落ち着くだろう。

 

と思っていて
おばさんになっても
落ち着かなかった・・・

 


落ち着くのは
振る舞いだけで

 

大人としての行動はとれるんだけど
中身は変わらない。

 

 

 

電車ですました顔して立っているけど
一両目で運転席からの電車でGOさながらの風景に
心の中の私は
ガラスにへばりついて
「すごーい」
と言っている。

 


道を歩いていて
建設風景に出会うと
土台の部分のとか骨組みとか見ながら
おもしろくてワクワクして
じっと見てしまう。

 


なんとなく気分がいいときに
スキップがしたくてウズウズする。
人目があるからやらないけど
心の中の私はスキップしている。

 


気分が良すぎて
退行しすぎて
目の前に表れた鳥に
「鳥さんだ」
と思った自分にひいた。

 

 

 

怖いでしょう。

 


でもね
振る舞いは、ちゃんとしているから
平気よ。

 


しかし
これでも
成長したなぁと思う。

 

ADHD
ADHDなりに成長するなんて言われていたけど
自分の感覚的にムリだと思っていた。

 


20代中頃は
自分は高校生の感覚だった。

 


30歳では大学生の感覚だった。

 


40の今、20代後半の感覚。

 

 

 

・・・・

 

成長している!!

 

 

 

これは50になれば
30代の落ち着きを得られるってことね。

 

楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com