逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ギフテッドの仕事上の困難

ギフテッドの人やIQが高い人で

 

成績が優秀ではない
あるいは
職場の人のIQの程度がバラバラ
という方

 


お仕事で大変なご苦労があるのではないかと
思います。

 

 

 

<人が無能に見えてしまう>
で言いましたが

 

IQは20離れていると
会話が難しくなります。

 

 

 

仕事を共にすることは

会話の苦労どころではありません。

 


周囲と

責任の所在を明らかにする姿勢の差
客観性を保つ意識の差
求めるクオリティの差 があるのに

 

正確に伝え、理解してもらう必要があり

対等あるいは

自分の方が下の立場から接さなければならない。 

 

困難が沢山あるんです。

 

 

 

沢山ありますが
具体的に書いていきます。

 

 

 


ギフテッドは
必要最低限の情報で伝えようとします。
そのため
相手には説明不足の人
と捉えられます。

 

そして
相手は
要らない情報が多く
必要な情報が抜けているので
ギフテッドは理解が困難になり
物わかりが悪い人
いちいち細かい人
とレッテルを貼られます。

 

ここで
ギフテッドは
能力の高さを生かせず
無能扱いされることになります。

 

 

 


ギフテッドは
自分の責任が一割しかないとしても
自分も悪いと反省します。

 

相手は
どんなに自分に責任があっても
どうやって軽くしようかと考えます。

 

ここで
ギフテッドはどんな場面でも
責任を負わされるようになります。

 

 

 


ギフテッドは
仕事に関しては
感情を置いて客観性を保つことができます。

 

相手は
客観性を保とうと口にしますが
自分を正当化するときだけ
協調性や人情を持ち出して
ギフテッドの理路整然さを責めます。

 

 

 


ギフテッドは
仕事に高いクオリティを求めます。
妥協やごまかしを嫌い
できる範囲でやろうとします。

 

相手は
面倒なことを嫌い
少ない労力で利益を得ようとします。
そしてギフテッドの仕事を
効率が悪いと低評価をつけます。

 

 

 


ギフテッドは
矛盾点、改善点を見つけてしまいます。

 

同僚、上司の矛盾点を見つけてしまい
それを口に出すことは許されないため
大きなストレスを抱えることになります。

 

仕事の内容が
どれだけ無駄が多いか、無意味か
改善点が分かっているのに
それを口に出すことが許されず
無駄と分かりながら仕事をやることになります。

 

ギフテッドは
無駄を嫌うため
これが大きなストレスになります。

 

 

 

どうでしょうか
ギフテッドの方、IQが高い方は
心当たりがありすぎるのではないでしょうか。

 

 

 


このように
ギフテッドやIQが高い人は
能力が高いだけなのですが
それを理解されない環境では

 

ただ
責められ
おかしいとレッテルを貼られるだけになります。

 


そのため
ギフテッドの方、IQが高い人は
こころの病になりやすいんです。

 

 

能力の高さに見合った職場で働けている方は

こんなことも少ないと思います。

 

そうじゃない

ギフテッドの方、IQが高い方

 

今仕事が上手く行かなくて苦しんでいて
まだ自分の間違いを修正しようと
頑張っていますよね。

 

でも

あなたのせいじゃありません。

 

 

このような理由があったんです。

 



 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com