読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

ADHDの人は魅力的

ADHD傾向との付き合い方

私はADHDの人が大好きです。

 


とにかく
どんなADHDの人でも
なんて大きなことは言えないけど。

 

基本的には好き。

 


これを裏付けるように
私の友人は
全員
ADHDまたはADHD傾向がある。

 


ADHD傾向ってなんだよ
って思う
ADHDの方もいらっしゃると思いますが

 

DSM5では
重症度が段階的にあるって認められました。

 

だから
自分は大したことないから
診断されるほどじゃないから
ADHDだなんて言えない。
なんて思ってきた人も

 

ADHDの傾向があるなら
それは
ADHDのご苦労があったってことです。

 

生まれつきのハンデを
自分のせいにしてきて
大変な思いをしてきたはずです。

 

 

そう

 

それで

 

私がADHDの人が大好きなのは
もうとんでもなく魅力的だからです。

 

 

 

 

ADHDの人は明るい。面白い。

 

落ち込んでいたり
緊張していたり
余裕がないときは除いて

 

基本的に元気で明るい。
一緒にいると元気が出るし
楽しい気分になる。

 

 

 

 

ADHDの人は
子供心がある。

 

仕事の時は
もちろんものすごくちゃんとしてるんだけど

 

一歩離れると少年少女。
子どものように無邪気で好奇心旺盛。
バカみたいなことを追求する。楽しむ。

 

私にとって
童心に返ることは必要不可欠。

 

 

 

 

ADHDの人は
世話好き。人が好き。

 

私の世話をすごいしてくれる。
それだけじゃなく
私の友達が私の友達の心配をしたりする。
殺伐とした今の時代に
そういう温かい風景が見られると
本当に癒されるというか救われる。

 

 

 

 

ADHDの人は
純粋。

 

純粋ゆえに
至らないこと
デリカシーがないところはあれど
バリアを張りまくって自分を盛りまくっている人が多い中
純粋さに心を洗われる。

 


こんなに
魅力的。

 

ADHDの方
自分は全然違うし
なんて思うんではないでしょうか。

 

もちろんです。

 


私の友人たち
出会った頃はひどかった。

 


いつも不機嫌で
何か言われると言い訳ばかりして
快楽主義で
見栄っ張りで
攻撃的で
自己中心的。

 


これは今では笑い話で
本人たちも認めているところ。

 


ADHDの人は
それだけ傷つけられてきて
それでも頑張ることをやめないから
どうしても
こうなってしまう。

 


私と出会って

 


自分が批判されてきた理由が
自分の努力のせいではない。

 

結果に繋がらない
努力の仕方を変えていく。

 

余裕が無さすぎる環境を変えていく。

 

忍耐だけの人生を
どう楽しむか工夫する人生に変えていく。

 

 

 

こんなようなことで
みんな
魅力をとりもどした。

 

まぁ
簡単じゃなかったか。

 


こんなふうに
友達も
クライエントさんも

 

もともとの人間性は変わらないんだけど
表にでる行動が180度変わるだけで

 

ものすごく魅力的に変わる。

 


私は
こんな魅力的なADHDの人が好きだから
どんなに現状イヤな人であっても
なんとか
魅力を取り戻してくれ
という思いを捨てられないんだよね。

 


今現在
ADHDの人で
余裕のない環境にいる人
どうにもこうにもいかない人

 

きっと
マイナス面ばかり出てしまって
自分でも自分のことイヤになっちゃうと思う。

 

かといって
自分を変える余裕もない。

 


そんな人は
つらいと思うけど
せめて
今の自分は
余裕の無さや
傷つきからこうなった。
誰だってこうなる。

 

それを忘れないでほしいです。

 


そして
上に書いた魅力を本当は持っていることを
忘れないでほしいです。

 


いつか
少しでも余裕ができて
傷を癒すことが出来たら
魅力を取り戻すことができます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

 

 

訪問ありがとうございます。
クリックしていただくと、困っている方にこのブログを届けることができます。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ