読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

行動力のない人が行動をおこす方法

やらなきゃいけないのに

 

やりたいのに

 

変わりたいのに

 

何だか分からないけど動けない。

 

 

 

そんなことって
ありますよね。

 


どうしたら
自分を動かすことが出来るのでしょうか。

 


それには3つの方法があります。

 

①報酬を与える

 

②恐怖を感じる

 

③自分の気持ちを高める

 

 

カウンセリングでは
動きたいのに動けない
という悩みをみなさん持っている。

 

だから
この3つを駆使して
動かしてあげることが重要になってくる。

 


これらには一長一短があるので
その時々で使い分けが必要です。

 

 

 


①報酬を与える

 


人に誉められたり
お金をもらったりなど

 

なんだかんだ
わかりやすい報酬があると
人間は動きやすいです。

 

自分でも自分を誉めたり
自分にご褒美をあげたりなどできますね。

 


ちょっとエネルギーが不足しているときや
頭が回らないとき
最初の一歩が難しいときは
私はこの方法を使います。

 

一番楽だからです。

 


ただこの方法は多くのデメリットがあります。

 


この方法を多用しすぎると

 

その場を対処するためだけに
報酬を得ようとすることを続けてしまい
報酬に依存するようになってしまいます。

 

また
報酬という刺激には慣れてしまうので
報酬が足りなくなり
もっと報酬がほしいというように加速してしまいます。

 

報酬を得ることだけを目的に
行動をする習慣が出来てしまうと
自分の内側からわき起こる「やりたい」が出てこなくなります。

 


この方法は

 

ピンチの時
たまに
使うことがおすすめです。

 

 

 

②恐怖を感じる

 


人間は恐怖を感じると
そこから回避するために行動を起こします。

 

締め切りが迫ってくると頑張れる。
このままじゃヤバいと思ったらやれた。
失うかもしれない恐怖によって頑張れた。

 

これは有無を言わさず動かされます。

 


多くの人は
自然とこれを使って頑張っています。

 

人と比較してヤバいと思ったり
自分に落胆してヤバいと思ったり
今あるものが当たり前じゃないと思ったりすると
自然と動いてしまいます。

 


動けない人は

 

まだ大丈夫
そんなに悪くない
こんなの当たり前

 

なんて正当化するので
恐怖によって動くチャンスを無くしているのです。

 


このやり方にもデメリットがあります。

 

この方法はエネルギーを多く使うので
使いすぎると疲弊してしまいます。
鬱に入りやすい人は
この方法に依存して行動していることが多いです。

 

また
自分の力が及ばないと思うほどの恐怖を持つ
自信がないためにほとんどを無理だと思ってしまう場合

 

行動を起こすことができず

 

人に依存したり
回避を続けたり
思考を停止させたりする習慣をつくってしまうので
注意が必要です。

 


③自分の気持ちを高める

 


ドーパミンという神経伝達物質
人間のやる気を高めます。
そしてこれは
自分の気持ちを高めることで増やすことができます。

 


理由なんて無いけどやりたい。
出来るか出来ないか分からないけどやりたい。
好きだからやりたい気持ちがわきおこる。

 

このやり方が
一番デメリットが少ないのでオススメです。

 

しかし
この方法が一番難しいんです。

 

リラックスすること
頭が回ること
ある程度自信があること
が最低条件だからです。

 


そのため
この方法を使えるようになるために

 

私はカウンセリングで
リラックスをしてもらい
思考のトレーニングをしてもらい
自信を回復してもらうのです。

 


この3つとも
今は使えそうもない
というあなた。

 

大丈夫です。

 

今は行動をおこすのではなく
エネルギーをためるときです。

 

残念に思うかも知れませんが
時期を見ましょう。
ゆっくり休んで作戦を練りましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com