読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を守る癖は人も自分も傷つける

自分を守ること

 

そんなことは当たり前のことで
何も悪くない

 

そう思っていました。

 

でも
カウンセリングをしていて気づいたことは
自分を守ることは
人を傷つけ自分を傷つけること
だということです。

 


お話を聞いていると
クライエントさんは
すごく自分を守っています。

 


あなたも
自分を守りすぎていませんか?

 


自分を守るために
一挙手一投足に気を配っている。

 

それなのに
結果的に人に疎まれ
傷ついてしまう。

 


過去に
傷つけられてきたから防御しているだけ。

 

傷ついてきたからこそ防御して身を守れたら
その方がいい。

 

私もそう思います。

 

でも
これには
間違いがあるんです。

 


あなたが今
対面している人間は
過去に傷つけてきた人間でもなければ
それと同じ性質の人間でもないかもしれない。

 


目の前の
傷つけてこない
傷つけようとする意志もない人に

 

盾をふりかざし
剣を振り回す。

 

それが
自分を守ろうとするあなたの姿です。

 


あなたに対し
友好的であったり
好意的であったら

 

こんなふうにされたら
どれだけショックを受けるでしょうか。

 


あなたは

これまで
たくさん傷つけられ
どれだけ嘆き苦しんだことでしょう。

 

でも今は
意図せず
自分が人を傷つけてしまっているのです。

 

 

そして

意図せず人を傷つけるせいで

人に嫌われたり疎まれたり軽蔑されたりします。

 

そんな人の態度に傷つき

また自分を嫌悪し傷ついていくんです。

 

 


まだあります。

 

自分を守るために
危険を回避してきた。

 

それなのに
ちっとも安心できない。

 


過去に
予期せぬことで
怖い思いをした。

 

だから
何事も起きないように
危険を回避している。

 

確かに安全を確保できそうです。

 


でも
これには間違いがあるんです。

 


あなたが今
危険だと捉えている問題は
今より無力だったときに危険と感じたもので
今は乗り越える力を持っている。

 


目の前の
「怖い」「出来ない」と感じる問題は

 

今のあなたには
乗り越えられることかもしれない。


もうあなたは

無力だったときの自分じゃない。

 


自分の目で
今、目の前の恐怖がどれぐらいのものか
確認さえもせずに

 

本当は豆粒のようなものなのに
とてつもない大きさを想像して
ずっとずっと不安におののいている。

 


危険を回避しているはずが
ずっと不安を抱えることになってしまったんです。


 


本当に自分を守れるなら

 

人になんと言われようと
自分のやり方で守り抜いてほしい。

 

ただ
自分を守ろうとしているのに
人を傷つけ
自分を傷つける姿は
とても苦しくて見ていられない。

 

 

 

過去の状況を
あたかも今そのままのように感じて

 

恐怖におののいてうずくまって
手当たり次第の人に防御の姿勢をとることで

 

自分を守れていますか?

 

 

 

本当に自分を守れていますか?

 

 

 

 

関連記事 

 

 

lilcafe.hatenablog.com