読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

私事

おはよーございます。

 


今日も朝から
猫の*のアップでお目覚め。

 


猫飼いさんあるある。

 

猫に信頼されると

 

何故か
かわいいお顔より
ケツを
いや失礼
お尻を向けてくるようになる。

 


これは
子猫のときに
お母さんにお尻を舐めてもらっていたときのなごりで・・・

 


舐めて?
これは舐めてアピールか?

 

うー
なんでも望みを叶えてあげたいけど
そればっかりはできん。

 


うちのは
しっぽが短い方の猫が
特に私の顔に*を近づけてくる。

 

しっぽが短いからね
あのね
*が丸見えでね

 

しかも
近づけるって優しい表現だけど
本当は1~2センチでね

 

あやうく
くっつきそうです。

 


うちで
友人と真面目な話をしていて
私が集中してきづかないうちに
猫の*が近づいていて
友人が吹き出すことがよくある。

 

真面目な私の顔と
必死にお尻を向ける猫と
くっつきそうな*が
非常に面白いらしい。
アイスブレーキングだな。

 


*といえばね

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが

 


*と腹筋は密接な関係があります。

 

*の周りにある骨盤底筋と腹筋がつながっていて
連動しているからです。

 

*をギュッとしめると
腹筋にも力が入りますよね。

 


てことはですね

 

お腹がゆるゆるの方
*も・・・

 

ですよ!

 

 

 

私は自尊心に関して
ものすごくうるさく言わせてもらってますが

 

シモのコントロール
人間の自尊心にものすごく関係している
フロイトも言ってます。(ざっくり)

 

実際
年齢を重ねると
コントロールが難しくなると
みなさん言いますよね。

 

おならや
なんやかんや
出ちゃうとかね。

 

それで
なんとなく
自尊心が下がってしまう。

 


年齢的なものはもちろんですが
多くは筋肉の衰えです。

 

若い頃は
お腹を引っ込めて歩いたり
していたから
*も同時に締めていたわけです。

 

今は
ゆったりした服を着て
お腹に力を入れる機会もなくて
骨盤底筋がゆるんでしまう。

 

*も腹筋も
楽をして
ゆったりして

 

だから
年齢がいくと
お腹が出てくるっていうのも
うなずけますね。

 


お腹を引っこめるためにも
自尊心をあげるためにも
*を締めていきましょう!

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com