逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

無知を知れば幸せになる

ソクラテスの名言

 

無知の知

 

「自分は何も知らない」ということを知れば
それだけで他人よりも優れている。

 

ということ。 


難しいことは置いておいて

 

 

単純に
自分が何も知らないと思うから
知りたいという好奇心が生まれます。

 

だから
学びや成長には
無知の知は無くてはならないものです。

 


でも今は
この無知の知がなくなっていっている。

 

 

これは無理もありません。

 


現代は情報過多で
それによって
集中力の低下などが起きている。

 

知らなくていいことまで

知りすぎている。

 

もう今は

情報を沢山得るのではなく


取捨選択をして

必要最小限の情報のみを得る
いらないものを

あえてシャットアウトする必要がある。

 

そうしなければ
心の健康を保てない
というところまできています。

 

 

 

簡単に情報が手にはいるからこそ
みんなが浅く広い知識を得ていて
分からないものがあっても
ググればそれなりに分かるので

 

自分が

情報はあっても

無知であることには気づかない。

 


そうやって
どれだけ人より情報をもっているか
のパワーゲームが起きてしまっている。

 


これでは
自分が知らないなんて気づくはずもなく
好奇心を持って何かを知ろうとすることなんて
あるはずがありません。

 


いつも何かにせき立てられるように
情報を得ているだけです。

 

 


無知であることには

 

実は

 

素直さという魅力があり
自由な発想という能力がある。

 


それなのに
無知であることを知ろうとしないために

 


素直さを無くして
魅力を無くし、人の言葉を受け入れなくなる。

 

自由な発想を無くして
思いこみが激しくなり思考が停止する。

 


こんな大変なことが起きてしまっています。

 


まだあります。

 


無知であること
それは人を尊重することでもあります。

 

自分の知らないことを聞く
自分の知っていることを教える

 

こういう

以前は当たり前のように
行われていたことが
今では難しい。

 

みんながある程度知っていて
知らないことを知らないと言えず
こっそりググる
知っている人に対して敬意を払わない。

 


無知を知らないせいで

 

誰に対しても敬意を払わない。
誰からも敬意を払われない。

 

そんなふうにして
自尊心を下げあっているのです。

 


有能にみられること
成功者になること
そんなことを目標にするから


情報過多のまま
自分を疲弊させてもいく。

 

 

多くの人は
結局幸せを求めている。

 

それなら

 

もっともっと
情報をシャットアウトして

 

無知な自分を知って
素直さを取り戻して
楽しく学んで
自分で考えて
人に敬意を払うことです。

 

無知を知ることが
幸せになることです。