逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑱-攻撃は最大の防御-

ボーダーは攻撃的です。

 

それは
攻撃は最大の防御
という言葉をそのまま体現しているのです。

 

ボーダーは
本当はものすごく脆弱です。
弱い。

 

<境界性人格障害⑰-耐えられない孤独感->
で言いましたが

 

生活能力が低く
社会性が低く
対人関係能力が低く
自己のコントロールも難しい。

 

とにかく弱いから
自分を守ろうとします。

 

ボーダーが自分を守るために
攻撃をするのは
攻撃をすることで自分を守ることができた
と思いこんでしまっているからです。

 


他の人格障害
自分を守る方法が違うだけで同じです。

 

ある方略で自分を守ることができたと
思いこんでしまっていることが
人格障害を生みます。

 


自己愛性人格障害
尊大な態度をとること、万能感に浸ることで
自分を守ることができたと思いこんでいる。

 

演技性人格障害
魅力的な人物を演じることで
自分を守ることができたと思いこんでいる。

 

依存性人格障害
人にすがり庇護してもらうことで
自分を守ることができたと思いこんでいる。

 

回避性人格障害
目の前のことから逃げ続けることで
自分を守ることができたと思いこんでいる。

 

統合失調質人格障害
人との関わりを避けることで
自分を守ることができたと思いこんでいる。

 

統合失調型人格障害
現実から逃避し自分の妄想の世界で生きることで
自分を守ることができたと思いこんでいる。

 


こんなふうに
なんとか生きるために
自分を守る術をあみだしたものが
余計に人生を難しくしてしまったのが人格障害です。

 

そして
その術が「攻撃」であるボーダーは
その振る舞いが目立ちやすく
人に嫌われやすい。
攻撃ですから当然ですね。

 


ボーダーが攻撃をするようになった思考は
以下のようなものです。

 


自分の非を認めたら
人に嫌われてしまう。
怒って非を認めさえしなければ大丈夫。

 

正しくなければ
人にバカにされてしまう。
論破すれば大丈夫。

 

怒らなければ
無視されてしまう。
怒りを露わにすれば従ってくれる。

 

怒らなければ
軽く扱われる。
怒りを露わにすれば気をつかってくれる。

 


このような感じです。

 

目の前の人間が
そのときだけ自分の思い通りになった。

 

それだけで

 

本当に嫌われないわけでも
本当にバカにされていないわけでも
本当に構ってもらっているわけでも
本当に大事に扱われているわけでもないのに

 

それが分からない。

 


ボーダーの人は

 

自分のやっていることは

じつは余計に
嫌われ、バカにされ、無視され、ぞんざいに扱われる
ことである

 

このことを

苦しいけど理解しなきゃいけない。

 


そして本当に
好かれるために、バカにされないために
自分の存在を認めてもらうために
大事にしてもらうために

 

新しい方法を身につけたらいい。

 

本当にそれだけです。

 


ボーダー、人格障害
ボタンのかけちがえ
単なる勘違い

 

そんなふうに当事者の私は思うんです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com