逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑯-人を見透かす-

ボーダーが

人をコントロールしようとする理由は

 

<境界性人格障害⑩-試し行為->で述べたように
対人関係で
自己効力感を強く得ようとしてしまうこと。

 

自分と他人の境目がないこと。

 

ショックや不安から逃れるために

想定内にしておきたいから。

などです。

 


ボーダーの問題は
人をコントロールしようとすること
それだけではありません。

 

人をコントロールしようとすることは
大なり小なり多くの人がしていることです。

 


ボーダーの問題は

 

人をコントロール出来てしまう
ことにあるのです。

 


多くの人は
人をコントロールしたくても
そうそう上手くいくものじゃありません。

 

しかし
ボーダーは上手くいきすぎてしまい
人を振り回してしまう。

 


なぜ
ボーダーが人をコントロールできるのか。

 

それは

IQが高い上に
人を見透かす能力があるからです。

 


これは
ボーダー本人も自覚があるでしょうし
ボーダーと関わりをもった人も分かるでしょう。

 

ボーダーを治療しようとした人なら
痛いほど分かるのではないでしょうか。

 

ボーダーには
ごまかしが利かない。
治療者も自分自身と向き合う強さがなければ
ボーダーの治療なんてできない。

 

だから
ボーダーを苦手とする
ボーダーは治らないと言ってしまう
治療者が多い。

 


ボーダーが人を見透かすのは
<境界性人格障害⑮-自分がない->
でも言いましたが

 

それまでの人生でずっと
人を観察し続けてきたからです。

 

普通の人が
楽しんだり学んだり身につけたりしている間

自分を守るため

うまくやるために

ずっと人の観察をしてきた。

それは
人を見透かすようになって当然です。

 


人を見透かすことの何が悲劇かというと

 


本音と建て前があって社会が回ること。

 

人のための嘘があること。

 

社会でやっていくために
多くの人が自分に嘘をつかなければならないこともあること。

 


これらが理解できず

 


ただ
自分を欺かれた!
言ってることとやってることが違う!
もっともらしいことを言うくせに汚い人間!

 

と激しくショックを受け
正直さを人に強いて
攻撃をしはじめるのです。

 


人を見透かすことは
人の助けになることや
気遣いが出来ることに繋がるのですが

 

ボーダーが人を見透かしてしまうことは
悲劇でしかないんです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com