逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑬-体調不良-

ボーダーはとにかく体調が悪い。

 

それは
<境界性人格障害⑨-依存し癖->
で言ったように
依存状態になりやすいからです。

 

また
ボーダーは
つねに緊張状態です。

 

それはつねに交感神経が高ぶっている状態なので
内臓の動きは悪く
睡眠の質は悪く
血流は悪く冷え
疲労が蓄積している。

 

それは
体調が悪くて当然です。

 


でも
人間は慣れる生き物で
ボーダーは
つねに体調が悪いので
体調の悪さに鈍感になっています。

 


私がボーダーだったとき
具合が悪いのは当たり前だった。

 

具合が悪くないときが無かったのです。

 


今の健康な状態と比較して分かるのは

 

頻繁に頭痛があった
常に胃痛があった
常に下腹部が痛かった
常に吐き気があった
常にめまいがあった

 

ということです。

 


思い出すと
痛みがあっても笑っていたし
具合が悪くても元気にして人を気遣っていた。
そんな場面ばかり浮かびます。

 

そして
今あのときの具合の悪さがやってきたら
私は一歩も動けない気がするんです。

 

今の正常な感覚だと
ちょっとの胃痛がつらいし
ちょっとの吐き気がつらい。

 


ボーダーの時は

 

吐き気がひどくて
座ってられなくて
少し体を起こしてちょっとメイクをしては
横になって
また少し体を起こしてメイクをする
ということをよくしていました。

 

でも
いざ人前にでると元気にできるんです。

 


よく熱があっても普通に動いていました。
38度ぐらいでも。
普段無理ができてしまうので
嫌なことのときに当たり前に具合が悪くなり
それを
都合の悪いときは具合が悪くなる
とよく言われていました。

 

今考えると
普段具合が悪いのに元気にしていた
というのが正解です。

 


ボーダーの時
具合の悪さに慣れてしまっていたことを
如実に表しているエピソードがあります。

 

いつもより胃の痛みが強く耐えられなかったので
病院に行きました。

 

すると
「その様子だと大丈夫だと思うけど一応胃カメラとろうか」
胃潰瘍とかならそうしていられないからね」

 

と言われ
安心しながら胃カメラを受けると

 

医師は驚きの声を上げました。

 

「これは・・・かなり進んでる胃潰瘍だよ」
「痛かったでしょう?」
「もういまはだいたい薬で治療できるけどもう一段階いったら手術だったよ」

 

と言われたのです。

 

普通の人なら普通にしていられない激痛が
ちょっと痛いけど愛想良くできる程度
という感じでいたんです。

 

お酒もタバコもやらない。
23歳の若さでひどい胃潰瘍
これもまた
ボーダーならではでしょうか。

 

このとき
「痛かったでしょう?」
「普通耐えられない。よく頑張ったね」
という医師の言葉が

 

私に突き刺さり
なぜか泣いてしまったことを思い出します。

 


ボーダーは
ひどい体調不良に気づかないため
それを推して頑張るために
変な緊張感を出してしまったり
イライラしていたり
キレやすかったりします。

 

ボーダーほどの体調不良では
どんな人でも余裕がなくなるはずです。

 

ボーダーの人は
精神療法も大事ですが
同時に
体調不良も本気で改善していかなければなりません。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com