読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑨-依存し癖-

ボーダーは薬物・アルコール・タバコ

などの依存状態になりやすい。

 

これは
ボーダーが治った後も
体に影響を残します。
ボーダーはこのような健康を害する依存が沢山あります。

 

私は
本当に運が良かった。

 

もともと真面目で堅物だったため
薬物に手を出そうと思えなかった。

 

早くに
スナックで働かされお酒を飲まされたため
アルコールが苦手だった。

 

里親がヘビースモーカーだったため
タバコを嫌悪していた。

 

このような原因から
これらの依存状態にはならなかったのです。

 


ここでは
詳細は控えますが
ギャンブル依存、買い物依存、セックス依存、仕事依存
だったため
大きく健康を害することはありませんでした。

 


ただ一つ
私には過食嘔吐がありました。

 

この言葉を聞くと
嫌悪感を持たれる方が多いと思います。

 

まともではない。
食べ物を粗末にするとは何事だ
という思いも当然だと思います。

 

しかし
私は正常なときは

 

お米を一粒も残せない人間でした。
自制心が強い人間でした。

 

それでも
過食嘔吐はやめられなかった。

 


言い訳だととられてしまうと思いますが
自分自身の経験から
過食嘔吐は自制心の問題ではない。
心の病気だ。
そう確信しています。

 


私は15歳くらいから30歳ぐらいまで
過食嘔吐がありました。

 

食べているときだけが
生きていて良かったと思える時間だった。

 

でも
私は容姿を綺麗に保たなければ
仕事もなくなる。
精神的にも耐えられない。

 

だから
こうするしかなかった。

 

楽しいことがあったり
色々なことが上手く行っているときは
収まるのですが

 

人と上手く行かなくなったり
評価が下がったり
孤独を感じたり
空虚を感じると

 

途端に
またひどくなる。

 


頻度は毎日のときもあれば
数ヶ月に一度の時もある。

 

やめるまでの数年は
完全に禁止をしないで
あえて数ヶ月に一度許すことで
過食嘔吐と上手くつきあっていました。

 


過食嘔吐という行為は
プライドの高い私の自尊心を大きく傷つけるもので
自己嫌悪にさいなまれる日々でした。

 

でも
この行為をしないとやりきれなさがどこにも行きませんでした。
この行為のおかげで何にもない自分を見ないで済みました。

 

ボーダーが一番ひどいときは
過食嘔吐という行為が
私を生かしていたように思います。

 


私が
なぜ治ったのか考えると

 

自分のやるべきことに進んでいけたこと
血糖値を安定させることができたこと

 

の二つの理由だと思います。

 


過食嘔吐
やりきれなさがあるうちは
なかなかやめられない。

 

血糖値を調整できなければ
意志ではやめられない。

 

私は経験からそう思います。