読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑦-ゼロか100か-

境界性人格障害

ボーダーはとにかく

色んなことで気持ちが端から端に振り切ります。

 

世界一大好きで
世界一すばらしい人
だった人が

 

5分後には
世界一大嫌いで
世界一クズ
になる。

 


世の中バラ色
きらきらした世の中が

 

次の瞬間には
どうしようもなく汚い世の中
になる。

 

 

完全にすばらしい人間も
完全にダメな人間もいない。
人間は良いところと悪いところが
混在しているのが当たり前。

 

これを

普通は養育過程で学んでくるのに
ボーダーはそれが叶わなかったために
人間は一面であると思ってしまう。


良い面をみれば良い人
悪い面をみれば悪い人になってしまう

 


ボーダーは
こんなふうに
勝手に相手を理想化して
裏切られた気持ちになる。

 

日常的に
人に裏切られたら
誰だって情緒不安定になります。

 

それなのに

頻繁に人に裏切られる
という状況をつくり思いこむことが
ボーダーの情緒不安定の原因の一つ。

 


また
どんな人間でも
気分で世界の見え方が変わります。

 

ボーダーは気分の変動が

生まれつき激しい。

そのため
世界がとてつもなく美しく見えたり
とてつもなく汚く卑しく見えたりする。

 

この衝撃、絶望感は
ボーダーにしか分からないと思います。

 

 

人間とは落差に弱いものです。

 

ボーダーは
その激しい落差を日常的に味わう。

これもボーダーの情緒不安定
心が壊れる原因の一つ。

 

 

このようなことは

私の経験でもいくらでもあります。

 

大好き!親友!一生一緒!

なんて言っていたのに次の日に縁を切ったりする。

 

それまで

どんなに自分に優しくしてくれていても

一言が気に入らなければ

全て無しになって

その人は最低な人間になる。

 

だから

人間関係をすぐに切り捨て長続きしないため

私は30歳ぐらいまで友人は0でした。

 

 

自分のことも

すばらしい。魅力的。天才。と思った次の瞬間には

最悪の人間。頭がおかしい。汚れている。と思ったりする。

 

すごく活動的になったり仕事をこなしたりしたかと思えば

引きこもって全く動かなかったりする。

 

このころ

精神科に行っていたら

双極性障害と診断されていたのではないかと思います。

 

それぐらい

いつもいつも

端から端に揺れ動いていました。