読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑥-ボーダーは幼稚-

境界性人格障害

ボーダーが一番ひどいときは

もう本当に恥ずかしいことを沢山しました。

 

とにかく嘘を沢山つきました。
虚言癖と言われるレベルです。

 

ボーダーは
バカ正直でもあり、大嘘つきでもあります。

 

私も自分がどうなのか分かりませんでした。

 

 

バカ正直なのは
嫌われないことなら全て明け透けに言うことで
距離をどんどん近づけようとしていたから。

 

自分が好かれるためなら

どんなことでもする。

そして嘘をついていました。

 


ただでさえボーダーは
自己の同一性が全くなく

自分が分からないのに

嘘を沢山つき続けることで
何がなんだか分からなくなってしまっていました。

 

 

毎日の会話は
嘘を一貫させるために
さらに嘘を重ねることだらけになり
本当のことなんてどんどん無くなっていきました。

 


どうしても気分が乗らないから
ドタキャンしたいときに
大病のフリをしたり
事件を起こしたり

 

話を聞いて欲しい
優越感を持ちたいから
話を盛ったり

 

そんなことばかり。

 


友人や恋人を自分の所有物だと思っていて
とにかく思い通りにコントロールしようとした。

 

友人や恋人の全てを知りたくて
とにかく全てを聞いて把握しようとし
恋人に至っては
部屋中の個人情報を見て携帯を見た。

 

怖いですね。

 

今なら携帯を見せてくれると言われても
興味がない。
全てを知ろうなんて思わない。
むしろ知りたくない。

 


こんなひどい行動は
言い訳なんてできるものではありません。
自分がやったことは消えません。

 

ただ
原因はあります。

 

ボーダーは幼稚。

 

子どもは自分を守るために下らない嘘をつく。
その場を逃れるために

意地でも嘘をつき続ける。

 

それを大人がやると大きな嘘になってしまう。

 

 

子どもは自分と親との境界線がない時期がある。

親のものは自分のものだし

親は自分の思い通りになって当たり前。

 

大人が人との境界線がないと大変なことを引き起こす。

 

 

だから
頭がおかしい
異常者
狂ってる
などと言われてしまうし
実際にそういう行動をとってしまう。

 

大人だから
自分がやった行動は全て自分のせいではある。

 

でも
頭がおかしいわけでも
狂っているわけでもなく
幼稚なのが原因だと
自分だけは理解しておかなきゃいけない。

 

ここで
自分は頭がおかしい
狂っている
そう確信してしまうと
本当に治らないところまで
自分で持っていってしまうんです。