読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑤-隠された異常行動-

ボーダーは

普通ではない行動を
日常的にとることもありますが

 

多くは二者関係で頻繁に起きます。

 

一番近い人
親や子ども、恋人に対してです。

 

ボーダーの特徴である
二者関係で特に異常な行動をとることは
その相手を追いつめることになります。

 

ボーダーの中には
普段は全く普通に見える人も少なくありません。

 

ボーダーは現実検討能力といって
異常行動をとっていても
感情が落ち着いた後
それが異常行動だったと認識できます。

 

反省できるのではなく

認識できるだけですが。

 

そのため
普段は普通の人に見えることが多いのです。

 

 

 

 

私は特にそれが顕著でした。

 


大学でサークル長をやっていたとき
私は普通の人より
明るくしっかりしていて気配り屋でした。

 

しかしその裏では
もうボーダーは発症していて
彼が大変な目にあっていたのです。

 


ほんの少しでも気に入らないことがあると
何時間でも怒り狂い話し合いを強要します。

 

怒りがエスカレートすると
収めようとする彼に殴りかかりました。

 

怒りがエスカレートすると
前後の見境が無くなり
人が多くいるところでも大声で喧嘩を始めます。

 

怒りがエスカレートすると
全てを壊したくなり
高価な時計を壊したり
窓ガラスを割ったりしました。

 

自分を不安にさせた彼の罪悪感をあおりたくて
ロングの髪を目の前でざっくり切ったこともありました。

 

 

また
ひどい束縛をします。
彼の自由時間は一分たりともありません。

 

彼の友人との遊びに私も必ず同行し
彼のバイトが終わればすぐに帰宅させる。
自分を一人にすることを許さなかったのです。

 

それだけしておきながら
つき合いはじめと変わらない愛情を要求し
少しでも倦怠期を感じたら許さない。

 


全てがとんでもない行動です。

 


それなのに私は口が達者で
すべてに正当な理由を並べ
彼のせいでこうなったと認めさせる。

 

絶対に彼の謝罪が無ければ
終わらない。

 

ただ時間に遅れただけ
ただ予定通りにいかなかっただけ
ただ疲れただけ
ただ倦怠期なだけ
彼は何も悪くないのに
どれだけ非情な人間かを説き
マインドコントロールをし
彼がすべて悪いと思わせる。

 


また
これだけのことがあれば
私を嫌いになれればいいのですが

 

いいときの私は
彼を神のようにあがめ
彼に芸能人のように焦がれ
太陽のような明るさと
母のような優しさを持ち
娼婦のような色気を持つ

 

彼は
そんな

自己愛を満たしてくれる

魅力のある人間を捨てられず
ただ混乱していました。

 

それでも彼は

私の外面の良さのせいで
私のことを相談できる相手がいませんでした。

 

そうして追いつめられて行きます。