逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害②-発症のきっかけ-

私がボーダーを発症したのはいつだったのか

考えてみると

 

大学一年の夏だったのではないかと思います。
ボーダーの好発年齢ですね。

 

発症と言っても
急に人が変わったようになるのではなく
少しづつ少しづつ
進んでいったように思います。

 

キッカケは
生まれて初めて甘える対象ができたことでした。

 

大学一年の夏に
恋人ができました。

 

高校時代にも彼氏は沢山いましたが
トラウマのせいもあり
男性に嫌悪感がありました。

それでも自分を愛して欲しいという欲求はあり
手すらつながない交際をとっかえひっかえしていました。

 

そんな私ですが
大学生の一人暮らし同士の恋愛となれば
ご想像もつくと思いますが
夢中になり半同棲状態になります。

 

そうなると
家族のような関係になり
私は生まれて初めて
自分のことをさらけ出す経験をします。

 

それまで自分を偽って生きてきたのに

どんな自分でも受け入れてくれる人に出会ったのです。

 

それがどんどん甘えをひどくさせます。

 

大学時代
私は女ながらもサークルのリーダーでした。
いつも明るく元気で男勝りでリーダーシップがあり
私が恋人に甘えるなんて想像もされません。

 

私の恋人は
そんなしっかりしていて男勝りな私が
自分にだけ甘える
というところが嬉しかったようです。

 

でも 

それが彼を追いつめていきます。

 

私がどんなひどいことをしても
彼は共通の友人であるサークルのメンバーに
相談できません。
もしできたとしても
私は普段は自分のおかしさを完璧に隠していたので

言ったところで絶対に信じてもらえない。

 

彼は一人で抱えることになります。

 

ボーダーは二者関係でもっとも症状がひどくなり

それを外に完璧に出さないことがある。

 

そうすると

ボーダーの相手は

大変なことになっていても誰にも言えないという状況になります。

 

 


最初うちは
ちょっとしたことで不機嫌になるぐらいでした。

 


まだ女の子の可愛いワガママに見えなくもない。

 

それがだんだん
不機嫌の度合いが尋常じゃなくなってくる。

 

予定が10分でもずれれば
もう終わりだ
どうしてくれる
と取り乱し

 

ほんの少しでも
女の子と親しげに話せば
あとで尋問し
何を言っても信じない。
何時間も不機嫌につきあわせる。

 

ちょっと気に入らないことがあれば
毎日でも別れようと言う。

 

そのくせ
それを受け入れられそうになれば
必死につなぎとめる。

 

これだけひどい恋人であったものの

 

ボーダーの症状が出ていないときの私は

明るく気だてもよく
愛情ぶかく魅力があったので
彼は離れがたかったのです。

 

また
私が天涯孤独だったので
一人にすることに罪悪感もあったのでしょう。