逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害①-支えてくれる人へ-

境界性人格障害(BPD)

通称ボーダーについて
自身の経験からの立ち直りを書きたいと思います。

 

虐待経験やADHDの経験などは
すんなりと書くことができたのですが

 

境界性人格障害(以下ボーダー)については
なかなか書けなかった。

 

なんかね
一番つらいです。
書くのが。

 

私のこれまでの経験は
ほとんどが
絶対に自分のせいではなくつらい思いをしてきた
と胸を張って言えた。

 

でも
ボーダーになると
これが少し変わってきます。

 

自分のせいではない
とにかく自分なりに出来ることを頑張っていた
というところは変わらない。

 

でも
初めて
加害者側に回ってしまう。

 

あんなに
心から嫌い恨んだ加害者
それに自分がなってしまったこと。
それが今でもずっとつらい。

 

後悔だけではない。
後悔したって
あのときに戻ったって
きっと同じことしかできない。

 

どうしようもない自分ではあったけど
絶対にああしないと生きられなかった。
そう思います。

 


ボーダーの被害にあった人は
はらわたが煮えくり返る思いでしょう。
ごめんなさい。

 

でも
精一杯頑張っているんです。
ああしなければ生きられない。

 

人に迷惑をかけて
振り回して
どん底に突き落として
人でなしだと言われても
自分ではどうしようもできない。

 

自分で出来ることと言えば
命を絶つことしかなくなってしまう。

 

だから
何とかしてとか
許してくれとは言いません。
一つだけお願いがあるのです。

 


どうか
距離をとってください。

 

ボーダーは
距離をどんどん近づけていってしまいますが
逃げて欲しいんです。

 


そして
もしボーダーを助けたいと思ってくれるなら

 

一生愛情を与え続けられるように
少なくても良いから愛情のペース配分をしてください。

 

ボーダーを支えようとして無理をして倒れることは
ボーダーをより一層ひどくさせます。
少ない援助でいいので
出来る範囲で関わり余裕を保ってください。

 

一生そばにいるために、なんとか距離をとって
巻き込まれて嫌いにならないように
つかず離れずでいてください。

 


無理なお願いですね。

 

でも
これを数年続けてくれたら
きっとボーダーは
あなたが好きで好きでたまらなくなるぐらい
魅力的な人に変わります。

 

元ボーダーからのお願いです。