逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

同じ失敗を繰り返すのは努力不足なのか

必死に気をつけているのに

なぜか同じ失敗を繰り返してしまう。

 

 
「何度言ったら分かるんだ!」
「それ何回目?」

「またか。いいかげんにしてよ」

 

こんな言葉を浴びせられ

 

 

何も学ぼうとしない人
懲りずに反省しない人というレッテルを貼られる。

 

当然

自分自身も
「自分は同じ過ちを繰り返す無能な人間」

と思ってしまう。

 


一度の失敗でも落ち込んでしまうのに
何度も失敗をし、それが同じ事だと
もう自分が嫌になってしまいますね。

 

 

どうして
同じ事を繰り返してしまうのでしょうか。

 

 

多くの人は

失敗を繰り返すことは

努力不足だとか能力不足が原因だと思っているのではないでしょうか。

 


私はそれは絶対に違うと言わせてもらいたいんです。

 

 

このような悩みをもつ人に共通していたのは

むしろ学生時代には勉強が出来た優秀なタイプで

真面目でいつも一生懸命…といった人物像でした。

 

努力も十分にしているし

能力も人並以上にある人です。

 

 

仕事の難易度が高すぎたり

仕事量が多すぎる場合は別として

常識の範囲の仕事であれば

 

このような人ならば

失敗をしながらもどんどん上達していくはずです。

 

 

では何故

このような人が同じ失敗を繰り返してしまうのでしょうか。

 

 

 

 

同じ失敗を繰り返してしまう人は

 

過去に

人と上手くやれなかった

人に笑われた

空気が読めなかった

 

というような心の傷がありませんか?

 

だから

いつも人前で失敗しないように
自分をコントロールしようとしていませんか?

 

そのせいで

目の前に人が居るだけで緊張してしまうはずです。

失敗をしてしまったら

とてつもない緊張が襲ってくるはずです。

 

 

この緊張が同じ失敗を繰り返してしまう原因です。

 

緊張をしすぎていたり

緊張が緩みすぎたりしていると

思考は動かなくなってしまいます。

 

 

緊張は思考を停止させます。

どんなに知能が高くても同じです。

 

頭が真っ白になった経験

緊張をしているせいで全然頭に入っていかない

こんな経験誰にでもありますよね。

 

 

失敗をした後

 

どんなに
必死に理解しようと努力したとしても

 

緊張が収まらなければ
頭に入っていかないということです。

 



例えば

 

失敗した!
なんとかしなきゃ

 

怒られた!
怖い!
なんとかこの場を収めなければ

 

 

こんなとき
緊張しちゃいますよね。
怖いですよね。

 

とにかく早く何とかしたいですよね。

 

 

 

でも
これからは失敗をしたら必ず

 
今緊張してるな
今緊張で思考が停止しているな
と意識してみてください。

 

まずは
そこからです。

 


今までのように
必死に考えよう
何とかしようとしても

緊張によって無理なんです。

 

また同じ事を繰り返すだけです。

 

 


緊張に気づけるようになったら

 

緊張が和らいできたタイミングも気づけるはずです。
そのタイミングで落ち着いて考えてみましょう。

 


その瞬間に何とかしなければと思うのも分かります。

でも無理なんです。

同じ失敗を繰り返すことになります。

 

その瞬間は

とりあえずの対処をして

 

緊張がおさまってから

数分後、数時間後に思い返して
あの場面では何が起きたのか
次はどうしたらいいか


じっくり考えてください。

 

 

落ち着いた時に

失敗した場面なんて
思い返したくないですね。

 

でも
同じ失敗を繰り返すのはもっと嫌ですよね。

 


緊張が高い人は

緊張が落ち着いてから
失敗をおさらいする方法が一番効率的なんです。

 

 


ただ
ひとつ例外があります。

 

正当化をする人

 

自分が失敗しても
人に迷惑かけても

 

自分は悪くない!と考え続ける人は
残念ながら無理です。

 

落ち着いてから考えても
「自分は悪くない!」ばかりになるので
感情を高めっぱなしになります。

 

 

強い感情も思考を停止させます。

 


いつも
「自分は悪くない!」
と考える人は

 

いつも強い感情を喚起させているので

いつも思考を停止させて
同じ失敗を繰り返すことになってしまうんです。