読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

壮絶な体験をいつまでも覚えていたい

虐待

私は
幸せな日々が続きすぎると

 

これまでの虐待経験
ADHDによる差別等々の苦しみを
忘れそうになるんです。

 

乗り越えた上に
20年も経ったからでしょうか。

 

思い出そうと思えば
いくらだって
鮮明に思い出せるけれど

 

普段は
普通に育ち
何の苦労もなかった人
に見られるし
そんなふうに振る舞っているので

 

自分もそう
錯覚をしてしまいそうになります。

 


そうすると
どうなってしまうかというと
ただ
明るくよくできた人
になってしまいます。

 


虐待を経験された方や
つらい経験をお持ちの方は特に
何が問題なんだ?
と思われますよね。

 


でもね
私たちが経験を無くしてしまったら
あれだけ大変な思いをしてきたのに
ずっと耐えてきたのに
ハンデを背負って社会で生きてきたのに

 

ただ

何の経験もない普通の人
になってしまいます。

 

それは
私は耐えられません。

 


生まれつき
環境が良かった人は

 

自分の能力を高め
自分の欲しい物を手に入れ
沢山のものを得ています。

 


私たちにはそれが得られなかった。


みんなが人生を楽しんでいる間
私たちは
何とか生き残ろうと

試行錯誤していたんですから。

 

だから
私たちの宝は
この経験です。

 

残念に思うかもしれません。

 


でもこれは
本当に宝です。

 

ずっとずっと耐えてきたから

 

当たり前の物なんて無いと
知っている。

 

なんでもない幸せが
とてつもなく幸せだと感じる。

 

人の小さな優しさが
本当に心にしみる。

 

同じように苦しんできた人の
気持ちが分かる。

 


こんな素晴らしい物は
普通の人には
得られません。

 

これさえあれば
残りの人生は
幸せなはずです。

 


だから

 

私は
今の幸せに慣れてしまいたくないんです。
壮絶な体験は
絶対に忘れたくないんです。

 


ここまで
私も長く長くかかりました。

 

途中で
嫌になることもあるでしょう。

 

でも
諦めなければ
こんな宝が手に入れられる

 

それを知って欲しいのです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com