逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

嫌なやつにこそ自分を好きにさせる

私は負けず嫌いです。

 

遊びなのに
一人だけ本気で熱くなって
うざいタイプ。

 


それが大人になっても後を引き

 

会話は
論駁が主で
決して負けなかった。
気持ちよかった。

 

「はい。論破。」
がちょっと流行ってるけど

 

あれ
昔の自分のようです。

 


さて
何故私が
論駁が好きだったのかというと

 

自分の評価を高めたかった
人をコントロールしたかった

 

からです。


イタイですね。

 

 


でもある時
ふと我に返って

 


論駁して勝っても

 

相手は私を嫌う。
相手は実は負けを認めていない。
周囲もよそよそしくなる。
人をコントロール出来ると言っても
渋々または恐れられながら従われる。

 

と気づいたんですね。

 


あれ?
こんなはずじゃ・・・
と愕然としました。

 


どうしたら
人の評価が上がるのか
人に好かれるのか
私の言葉を聞いてもらえるのか
と考えました。

 


それで
周囲を見渡し

 

発言力がある人
好かれている人
人望がある人
を見つけ徹底的に観察しました。

 


すると
そういう人は
論駁できるのにしないんですね。

 

いつでも
ディスカッションの姿勢で
情報交換して
協力して問題解決する
という感じ。

 

普段から人に好かれる態度でいるから
意見を求められる。

 


これは納得です。

 


これを真似したら
面白いように評価が上がり
自分の言葉をきいてもらえるようになった。

 


そして
何より
負けなくなった気がしています。

 

 

相変わらず負けず嫌いの私。

 

自分にイヤな態度をとってくる人
馬鹿にしてくる人
そんな人に仕返ししたい
 

そんなふうに思ってました。

 


でも
本当に勝つには
その相手に
自分のことを好きにさせる
以外は無いんですね。

 

だから私は

好きな人には
私らしく接しますが

 

イヤな相手には
とことん愛想よく
受容的に接し
相手が攻撃をしてきても
笑顔で態度を変えない。
ということを続けます。

 


そういう人は
これまでも人に嫌なことをしてきてるので
こんなふうに接してもらったことがない。
そのため
すぐに私に好意を持ちます。

 

そしたら
もうこっちのもの。
復讐終了。

 

嫌がらせは止むし
こちらを馬鹿にしてた人間が
こちらの顔色を伺うようになるなんて
胸がすく思いじゃないですか。

 


性格悪い?

 

でも

イヤな思いをさせられて

ひたすら我慢しなきゃいけないんでしょうか。

 

嫌がらせに反応して攻撃して
自己嫌悪に陥らなきゃいけないんでしょうか。

 


ただでさえ
理不尽にイヤな思いをさせられてるのに
さらにイヤな思いをするなんてダメ。

 


本当に勝ちたかったら
相手に自分を好きにさせる

 

絶対にそれしかない。

 


理不尽に馬鹿にされる
イヤな思いをさせられる人

 

大変ですが
相手を好きにさせるように
頑張っていきましょう。