読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

正しい?だから何?

こころの健康

正しいことにこだわる

 

これは
最も心の健康を害しやすい
個人の癖のひとつ。

 

私も
ちょっとでも
気を抜いたり
考えることをさぼったり
慢心すると
そうなってしまいます。

 

だから
いつも気をつけてやってるのは

 

「正しい?だから何よ」

 

と自分につっこみを入れることです。

 


人が道徳的に
あまり良くないことをしていると聞くと
批判したくなる。

 

でも
私が迷惑をかけられているわけでもなく

私が言える立場でもない。

 

自分だって

 

無意識に
道徳的にあまり良くないことを
しているかもしれないし

 

意識的にも
一般的に正しくないことを
個人の自由だ!
とやってしまう。

 

だから
とても人様に何か言える立場にない。

 


それに
正しいこと
正解があるのなら

 

人間は
正しく生きれば
みんな同じ生き方になる

ということですね。

 

気持ち悪いですね。

 

心理学でも
トロッコ問題
ハインツのジレンマ
など(ここに書くと長すぎるのでググってください)
なにが正解か言えない問題があります。

 

簡単にざっくり言うと
レールの上に自分の大事な人が倒れている
電車が向かっている
あなたはポイント切り替えが出来るが
してしまうと逆のレールに作業員がいる
どうするか?
みたいな感じ。

 

どうしようもない。
自分で考えて
勇気を出して決断して
その結果
起きたことを受け入れるしかない。

 

人生って
結局そういうことだと思うんです。

 

だけど
正しいことにこだわる人は
自分で考えたくもないし
選択したくもない。
結果の責任なんか負いたくない。

 

だから
正しいことにこだわるんです。

 

まぁ
自分がそうしたいなら
そうしたらいいですよね。

 


違う。
自由は自由だけど

 

そうすることで
自分ががんじがらめになって
追いつめられて
心の健康を害するからダメです。

 


それに
そういう人は
自分ができないから
正しいことにこだわっているのに
それを認めたくないから

 

正しいことは一つ!
正義とは!
って人にも押しつけて

 

周囲の人も苦しめる。

 


だから
心の健康を害さないように
周囲の人を苦しめないように

 

私もみんなも
それを自覚して

 

「正しい?だから何?」
を合い言葉に

 

考えることをさぼらないように
責任から逃れようとしないように
頑張っていきましょう。