逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

お坊さんもカウンセラーも偉くない


私はいつでも苦しんでいたいんです。

 


基本的にポジティブだと
自他ともに認めるところですが

 

自分がいつも安全地帯にいると

カウンセラーとして
自分の能力を発揮できない
全力で役に立てない

 

そう思うんです。

 



私が違和感をもつのは

 

出家した人が
社会の荒波にもまれている人に
説教をすること。

 


仏教の教え
人間について
説くなら分かります。
 

でも最近は
リアルに
相談にのったりしている。


それは
絶対に違うと思うんです。

 

 


対人関係に悩んで
仕事を猛烈にしてうつ状態になって
悩みが沢山あって頭が混乱している人が

 

出家した人と
全く同じ環境に
同じ期間居たら

 

それはそれは
穏やかになって
思考はクリアになって
慈悲深くなります。

 



みんな出家するわけにいかない。

 

だから
今置かれた環境で
どれだけ上手くやっていくか
頑張っているのに

 

安全地帯にいて
余裕がある人に
こうしなさい
ああしなさい
って言われたって

 

じゃあ

あなたはその環境で

言ったことができるのか

 

って思うんです。 

 


カウンセラーもそう。

 

自分の仕事の人間関係は


カウンセラー、クライエント関係で
権威のある態度をとって
批判されづらい、上の立場にいて
守られている状況。

 

それで
仕事上の人間関係のなんたるやを語る。

 

自分がクライエントと同じ
大変な人間関係に置かれた時
偉そうに言っていることができるのか

 

上下関係のない人間関係が
得意じゃないくせに
対等な人間関係で頑張っている人に
説教できるのか

 

そう思う。

 


お坊さんもカウンセラーも


社会で毎日複雑な人間関係を頑張っている人の
大変さなんて分かるわけがない。

 

社会で自由がない人の大変さが分かるわけがない。

 

そんなふうに思うんです。

 


だから私は

いつでも
その人の状況を存分に知って

それを味わってからしか
何も言えない。

 

自分も

いつも人間関係に思い悩んで
批判を恐れず
対等な人間同士で話をしたい。

 

カウンセリングする側でも
カウンセリング中に

私が馬鹿にされても

非難されてもいい。

 

だって私は
カウンセリングしかできない。

 

その人の気持ちを理解して
その人の思考を整理できるだけ。
心の知識を沢山持っているだけ。
それしかない。

 

 

社会で頑張っている人
育児を頑張っている人などみたいに
すごい経験を持っていない。

 

そういう経験がある人たちは
尊敬する人たちですから。

 

お坊さんは仏教の専門家
カウンセラーはカウンセリングの専門家
決して
人生の専門家ではない。

 

あなたも何らかの専門家です。