読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

大人のADHD⑥ー物が無くなるー

ADHDは思いこみによって

沢山の事件を巻き起こします。

 

ADHDはよく物を無くします。
ちゃんと考えずにポンと放ったり
物の上に物を積み重ねて
忘れてしまったりして
無くなった!
となるんですね。

 


小さい頃は
何か物が無くなると
「盗られた!」
と思ってしまう癖がありました。

 

怖いですねー
嫌なやつですね。

 


これは何でこうなるかというと
過集中と注意欠陥と衝動がうまく合わさり
こんなことになるんです。

 

過集中で
自分の大事な物がどこにあったか
きっちり記憶される。

 

注意欠陥で
その大事な物を意識無く移動させ
移動させたことの記憶が完全に抜け落ちる

 

衝動で
はっきりここにあったと覚えている!
全く触っていないのに無いということは
盗られたしか無い!!

 

という流れです。

 

本人は
注意欠陥の間の記憶がすっぽり抜けているので
いつも
ハッキリとそこにあったものが
急に無くなり
とにかくビックリするのです。

 

小さい頃は
よくやってしまいました。
「ない!ない!」
「絶対ここにあった!」
「盗られた!」
クラス内大捜索

 

そして結局
私の周辺から出てきて
非難轟々・・・

 

みなさんごめんなさい。
あぁ恥ずかしい。

 

実は未だに
こういうことばかりです。

 

あなたがもし
仕事を終え
家に帰ったとき
何カ所か家の様子が違っていたら
「空き巣に入られたのでは!」
と思いませんか?

 

一人暮らしで
お風呂に入っていて
いつも所定の場所に置いてある
シャンプーが
移動されていたら
「なんで!?誰が?」
とドキッとしませんか?

 

怖いですよね。
私はしょっちゅうです。

 

しょっちゅう空き巣が入る・・・
のではなく

 

お察しの通り
注意欠陥です。

 

本当に
うっすらも記憶がないのです。
私の場合
記憶が良すぎるときは良すぎるので
はっきりと物が移動している
と感じるので
本当に怖いんです(笑)

 

また
食べた食器が片づけられていたり
ゴミが片づけられていたりすることがあり
友人にやってくれてありがとう
と言うと
「なんのこと?」
と言われます。
そう
自分で片づけた記憶が
全く無いことが多々あるんです(笑)

 

毎日こんなことばかりなので
私は
物が無くなっても気にしない
何かあっても私がやった
と思うようになりました。

 

そして
これはこれで大変で
本当の盗難に気付かないんです。
友人がやってくれたことに
お礼を言わない嫌なやつになってしまうんです。

 


今は
物に関しては
無くなったことに気づけるよう
数を減らしていこうとしています。

 

単純なことですが
数が少なければ
無くなっても気付かないことが
減りますから。