読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人に上手に教えるにはどうしたらいいの?

自己啓発

私は

昔から人に教えることが好きで
日常的に色々教えていました。
塾の講師や家庭教師もしていました。

 

そして
ありがたいことに

 

分かりやすい。
今まで同じことを聞いてたけど分からなかった。
竹田さんは教えることが天職だ。
と誉めてもらってきました。

 


これ
私が
特別知識が多いとか
教えるスキルがあるとか

自慢したい訳じゃないんです。

 

自分で言うのも残念なことですが


私は

説明が不足したり
冗長になったり
どちらかというと教えかたは下手な方です。

 

なのに何故
教わった人が分かりやすい
と言ってくれると思いますか?

 

 

それは

私はつねに
その教えようとしていることを
自分が始めた時の気持ちに立ち返る

んです。

 

 

そのとき

どれだけ抵抗があったか
不安だったか
さっぱり分からなかったか

思い出して

一緒に悩み苦しむ。

 


教わっている人の気持ちになるから
その人に

今必要なことが見えてくる。

 

 

教える側は
つい自分が

最初から有能だったみたいな気分になっていて
「なんで分からないの?」
「なんでできないの?」
になりがちです。

 

教わる側は
なんで分からないか分からないから
教わっているのに。

 

 

教えるのが下手な人は
途中で目的がずれてしまっています。

 


あなたが人に教える目的はなんですか?

 

目の前のその人に
理解してもらうこと
ですよね。

 

当たり前だ!
と思うでしょう?

 

でも
教えるのが下手なあなたの目的は
違っているはずです。

 


自分がすごいと思われたい

 

教えたことを感謝されたい

 

役に立ちたい

 

自分の評価を上げたい

 

知らず知らずのうちに
こうなってしまってませんか?

 

 

こう考えてはいけないわけではないんです。

 

私だって考えます。

 

 

ただ 

このことが

 

目の前のその人に理解してもらうこと
より
優先順位が上にきていることが問題なんです。

 

 

そうすると
とにかく
「早く分かって欲しい」
という気持ちが前に出てしまうので

 

熱意が空回りして
相手にプレッシャーを与えて
自分勝手になってしまって

 

教わっている人が
必要としていることや
与えてほしい情報のタイミング
が分からなくなる。

 

だから

なかなか伝わらないんです。

 

 

「早く分かって欲しい」
けど
「自分もはじめは分からなかったなぁ」
「この人にはどういうふうに教えたらいいかな」
と考えてみてください。

 

きっと
今より相手が
やる気を見せてくれて
理解もしてくれるようになるはずです。

 

大変なのに教えようと頑張っている

あなたの優しさを

ちゃんと生かしていきましょう。