逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

大人のADHD④ーギャンブル依存ー

衝動性の高いADHDとギャンブルは
切っても切れないのではないでしょうか。

 

私は
「ギャンブルやったことないでしょう?」
と言われます。

 

はい。

 


とんでもない。

 

ギャンブルに依存してました。

 

といっても
趣味程度だとお思いでしょう?

 

いいえ。

 

朝からパチンコ開店前に並んで
昼は食事をパンやサンドイッチ片手にとり
閉店までしっかりお勤めをはたし
常連さんと挨拶を交わすまでに!!

 

競馬も
土日は中央競馬
平日は地方競馬
とんでもない額をかけていました。

 

おーこわい。
こんな女
嫌ですね(笑)

 


きっかけは男友達です。
たぶん知らなければ知らないで
自分からやろうとなんて思わなかったと思います。
養父のギャンブル好きで嫌悪してましたから。

 

嫌々ながらも
連れて行かれて一緒にやっているうちに
運悪く
勝ってしまって
そのスリルにはまってしまったんですね。

 

そして
楽しいこと、面白いことに過集中して
やめられない・・・
私はとくに
やるとなったらとことん突き詰めるので
上記のような有様に(笑)

 

ADHDはギャンブルを知らない方が幸せです。

 


そんな大変なギャンブラーへと
転身した私ですが
意外と早く足を洗いました。

 

パチンコは3ヶ月ぐらい。
競馬は2年ぐらい。

 

今はもう10年ほど
ギャンブルは一切やっていません。

 

何故やめられたかというと
単純な理由ですが

 

パチンコは
音が苦手、たばこが苦手な私は
つらかったのです。

 

また
どちらも
はまっている時に
我を失っているようで
つねに
「はずかしい」という意識があったんです。

 

女なのにギャンブル。
ギャンブルにはまることは
白い目で見られる。

 

という感じで自尊心が下がるんですね。
それに耐えられなくて
やめたんです。

 

ギャンブルは悪い事じゃないですが
はまると
自尊心が下がる
と私は思うのでほどほどに・・・。
ADHDの人は
なるべく手を出さないようにしましょうね(笑)