読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

猫の好みのタイプは多分この私

猫を飼って
大きな誤算だったことがあります。

 

猫は自由気ままで
飼い主にかまってくれない。

 

なんて言われていたので
猫を飼っても
お互いに距離を保ちつつ・・・
と思っていたものの

 

うちの猫は違ったのです。

 


うちに来ると
友人がみんな驚くのが
猫が私にまとわりつくこと
猫が私をずっと見ていることです。

 


猫は
ずっと私の周りをうろうろします。

 

そして
私の一挙手一投足を監視します。

 

私のこれまでの人生経験の関係上
私は監視をされるのがとにかく嫌だったので
まぁこれがツライ

 

まだ慣れません(笑)

 


監視されることの
いいことも少しあって

 

カメラ目線の写真が撮りやすい
ことです。

 

よく
猫写真
目線がもらえなくて
じゃらしなどをつかって撮ったりして
大変なんていいますが

 

うちは自然にカメラ目線。

 

前回の写真

f:id:lilcafe:20160219161156j:plain


何かを訴える二匹

f:id:lilcafe:20160219161236j:plain

 

論文を読んでいるちゃこがドヤ顔

f:id:lilcafe:20160219161750j:plain

 

もこがボケーっとして

f:id:lilcafe:20160219161808j:plain

 

近づいてみても

f:id:lilcafe:20160219161821j:plain

 

目線はずさず

f:id:lilcafe:20160219161834j:plain

 

これ
切り取ってアップにしてるんじゃなく
近づいていってるんですよ。

 


これだけ懐いたり
私を監視するのは
多分
私が猫のタイプだからだと思います(笑)

 


猫は自分に関心を持たれるのを嫌います。

 

甘えたい気分のときもありますが

基本的に自由が好きなので
監視されたくないし
気分がのらないときに
ちょっかいを出されたくないのです。

 

私は家にいるとき
ほとんどをじっと考え事をしているので
猫の存在を忘れています。

 

でも
じっと見られていると気付いたとき
ニャンとアピールされたとき
くっついてきたときだけ
声をかけて撫でてあげます。 

 

 

猫は大きな音を嫌います。

 

私もギフテッドなので大きな音を嫌います。

 

なので基本的に静かな部屋で
行動も静かで
大きな音をたてないようにしています。

 

 

猫は遊んでくれる人に一番信頼を置きます。

私はうちに迎えた日から
ほとんど毎日
どんなに体調が悪くても30分は遊びました。
猫は小さい頃から遊ぶことで頭が良くなる
という情報を得て、頭を良くしたかったからです(笑)

 

 

猫は自分が望んでいることだけ
叶えてくれる人が好きです。

 

私は人の意図を汲む特殊能力がありますが
猫にもそれは使えるようで

 

もこが話しかけて欲しいとき
ちゃこが視線を欲しいとき
もこがだっこしてほしいとき
ちゃこが撫でて欲しいとき
その瞬間を捕らえて欲求を叶えます。

 

 

こんな感じなので
猫に好みのタイプの女性を聞いたら
間違いなく
私と答えるでしょう(笑)