逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人に合わせすぎて自分が分からない③

もうひとつ

 

ADHDの傾向がある人の特徴である
刺激への過剰な反応による


人に合わせすぎて
自分が分からなくなることを防ぐ方法があります。

 

それは
対人場面において
後出しをやめることです。

 

 

 
つねに相手の出方を見てから自分が反応する
ということをしていませんか。

 

 

相手の言動を見てから自分の言動を決める
という癖がついているんですよね。

 

 

どういう結果になるか分からないけど
どちらが先ということもなく関わる。


それが
お互い自由で本来の自分でいられることです。

 

 

相手の出方を見てから反応をすることは


サービス精神や優しさも
もちろんありますが

 

後出しじゃんけんで勝とうとしているような
ズルさもありますよね。

 

先に出す方は
少なからず勇気が必要なんですから。

 


また
対人場面で
嫌な思い、怖い思いをしてきたから

 

緊張して頑張ってしまうんですが

 

その緊張の強さがまた
刺激への過剰な反応
を強めてしまいます。

 

まずは
親しい人から

 

勇気を出して
リラックスして
自分らしさを出してみましょう。

 

これは
相手に気遣いをせず
雑になるということではありません。

 

気を使いすぎて相手に合わせすぎて
緊張しすぎるか

気を許しすぎて相手に甘えすぎて
やりたい放題という両極端になっていませんか。

 


ちょうどいい感じでやってみましょう。

 

 


緊張をゆるめてリラックスしながら
相手に失礼にならない。
とても難しいことですが経験を積んで練習していきましょう。