逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人に合わせすぎて自分が分からない①

ADHDの傾向のある人は

 

自分が分からないというお悩みを持ちやすいようです。

 

それは
刺激への過剰な反応

という特徴のせいなんです。

 

 

刺激への過剰な反応が

どうして
自分が分からないことに繋がるんでしょうか。

 

 

対人場面で考えてみます。

 


刺激に反応するということは

 

相手の自分への態度を見て

期待を敏感に感じ取り
それに対して即座に反応するということです。

 

 

例えば
このような感じです。

 


相手の表情の変化に気づく

相手が自分に少し落胆しているようだ

自分に何を期待しているのか感じ取る

それに対して応える

 

 

例えば

明るく振る舞ってみたり


女らしく男らしく振る舞ってみたり


頼りがいを見せてみたり


弱さを見せてみたり


無邪気に振る舞ってみたり


冷静に振る舞ってみたりします。

 

 

ここまで無意識で反射的にやってしまうんですね。

 

 

これを常にやっていたら
どうなるでしょうか?

 

相手が変わるたびに
相手が期待する人物像は変わる。


そのたびに自分をコロコロ変える。

 

結果
自分が分からなくなる。

 


こんなふうになってしまいます。