読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

正しいことにこだわる人は間違っているかもしれない

正しいことにこだわる人は もしかしたら、間違っているかもしれませんよ。 正しいことにこだわって生きている人 今はすごく多いですから 「間違っている」なんて言われて イラっとした人沢山いるんじゃないでしょうか 「正しい」のに「間違っている」わけが…

あなたが失敗を恐れる理由

失敗を防ぐこと これは私たちに常につきまとう問題ですね。 失敗をしてしまったら ・上司や同僚の評価が下がってしまう ・仕事に自信を無くして怖くなってしまう ・人に迷惑をかけてしまう ・自分はダメだと自尊心が下がってしまう 怖いですね。 だから失敗…

頭の良さは簡単に計れない

頭が良い人ってどういうイメージでしょうか。 多くの人は 成績が良い学歴が高い知識が豊富頭の回転が速い医師や弁護士、研究者など頭脳労働者 こんなイメージがありませんか? もちろんこれも一つの指針ですよね。 でも私が思う頭の良さは違います。 私がそ…

頭の良い人の困難②-木を見て森を見ない-

また 頭の良さを上手に使えていない人は 全体像を捉えづらい傾向があるようです。 頭の良い人は思考をするときに真面目に集中して考える傾向がありますよね。 このような思考の仕方は 深く物事を考えられるのですが狭い部分に限定してしまいがちです。 つま…

頭の良い人の困難①-自分は間違っていないと思いこむ-

頭が良い。 これっていいことしかない みなさんそう思いますよね。 でも私自身が心を病んで回復するまでの苦労の経験や 高IQのクライエントさんのカウンセリングの経験から 頭の良さというのは上手に使っていかないと 「心の病になりやすい」 という大変なリ…

大丈夫という人は大丈夫じゃない

「私はストレスなんてない」「あるけどこの程度は大丈夫」 こんな人っていますよね。 でも本当にこのような人たちは人より強いから大丈夫なんでしょうか。 答えはNOです。 私のカウンセリングを求めてくる人はこのような人がすごく多い。 こんなあなた。 大…

自分の能力を低く見積もることが自分を苦しめる

自己愛性人格障害の人は 周囲に嫌な思いをさせやすくとても特徴的で分かりやすいため 気づかれやすくよく話題に上りますね。 自己愛性人格障害の人は 実際の自分の能力よりもかなり高く自分の能力を見積もっています。 でも実はこれと逆の人がいるんです。 …

自分を守れば守るほど性格は悪くなる②

④人を軽蔑し欺く態度 いつも不自然なほど愛想がよく調子が良いすごく迎合したり、下手に出てくる 自分の思っていることを絶対に出さずなにを考えているか分からない これは自分を出すと嫌われてしまう、無能だと思われてしまう。下手に出ていないと攻撃され…

自分を守れば守るほど性格は悪くなる①

「性格が悪い」 いったい何をもって決められるんでしょうね。 多くの人が「あの人は性格悪いよね」「自分って性格悪い」 というふうに日常的に使っています。 この内容から考えると 性格が悪い イコール 人に嫌な思いをさせる ということになりそうですね。 …

悲劇のヒロイン病

悲劇のヒロイン病 これは誰でもかかる病気です。 ヒロイン病という名前ですが男性もかかります。 ずっとかかっている人もいれば風邪のようにたまにかかる人もいる とってもかかりやすい病気です。 なんて これは私が名付けた名前ですが 不安が高く情緒不安定…

あなたができない理由は人の目を意識してしまうから

人の目を気にしちゃいけない そんなこと言われたって気になってしまいますよね。 普段どんなに得意なことでも みんなの前でやってみてなんて言われたら全然出来なくなってしまう。 指導者や先生が横を通るとフリーズしてしまう。 ありますよね。 私がそうで…

期待に応えることで自分を無くす③-自分を取り戻す-

人の期待に応えることでしか 人とコミュニケーションがとれない。 自分の存在意義が見いだせない。 こんな人はいきなり 「あなたはどうしたいの?」 と言われて苦しんできたのではないでしょうか。 これまでお話ししてきたように 自分の気持ちを押し込め自分…

期待に応えることで自分を無くす②-それがあなたを苦しめる-

期待に応える形でしか コミュニケーションがとれないと 大人になると大きな問題が起きます。 どういうことになるかというと ・人の期待に応えようとする態度によって 人をコントロールしようとする人が 集まりやすくなる。 ・「人の期待に応えること」 しか…

期待に応えることで自分を無くす①-そうなってしまった理由-

人の期待に添ってしまう。 このブログの読者の方はみなさん、この悩みを持つのではないでしょうか。 人の期待に添うことでしか人とのコミュニケーションがとれない。 たとえば 人の機嫌をとったり迎合したり言いなりになったり望むことを先回りして叶えたり…

恵まれた人の苦悩

一見して恵まれている人は 実はとても苦しんでいることがある。 多くの人は お金に苦労していなければ恵まれている 美男美女は得ばかりしている 才能に恵まれた人は人生楽勝だろう。 そんなふうな偏見を持っています。 しかし光もあれば影もあります。 <ど…

自分の気持ちが分からないから人の気持ちも分からない

「苦労をしてきた人は 人の気持ちがよく分かる」 なんてことがよく言われています。 たしかに一理あります。 しかし実際に苦労をしてきた人を沢山見てきた私からすると そうじゃないことが多いことが分かります。 苦労を十分すぎるほどしてきた人が人の気持…

人の忍耐力のキャパシティは決まっている

あなたは忍耐力がありますか? YESと言える人は少ないんじゃないでしょうか。 なぜならこのブログを読んでいる人はハンデを抱えている人が多いからです。 ハンデがある人は忍耐力がない。 これは多く知られていることです。 専門用語では欲求不満耐性が低い…

褒め言葉を受け取れない人

「褒め言葉を受け取れない」 こんな人は多いのではないでしょうか。 このような人には共通点があります。 それは機能不全の家庭で育った人です。 機能不全の家庭で育った人が養育過程で褒められた経験で学んだのは 「褒められても鵜呑みにすると傷つく。喜ん…

怠け者な自分を変えたい

自分は怠け者である。 そんなふうに自分のことを思っている人は多いのではないでしょうか。 そして同時に「でも本当に動けないんだ」と思っていたりしませんか。 そうなんですよね。 実感として怠けているんじゃなく本当に無理なんですよね。 でも人からは怠…

小さなイライラを無くして強くなる

朝の記事では私のことを聞いてもらいつつ ちょっと生活の役に立つ ちょっと心が楽になる そんな情報を書いていたりします。 それはなぜかと言いますと これも心の健康に直結するからです。 みなさんがイライラカリカリする理由 落ち込んじゃう理由 それって…

生まれ持った外向・内向の型と逆に生きる

最近のカウンセリングでは ほとんどの方にある特徴が見えてきました。 それは 生まれ持った外向型、内向型の型と逆に生きている ということです。 以前から私はここに目をつけていて <考えるのが得意な人、行動するのが得意な人②>でもこのことを書きました…

過保護、過干渉で育った人の苦悩

過保護、過干渉で育った人の苦悩はずいぶんと軽視されている。 そう思います。 過保護、過干渉で育った人は私のような被虐待児と対極にいると考えられますが これまでのカウンセリングの経験上似た部分があるように思います。 親の保護を一切受けなかった被…

話が堂々巡りする理由

話が堂々巡りをする。 聞かれたことに助言してもでも・・・だって・・・といって同じ質問や反論ばかりを口にする。 自分もこういうことをしたり 人にされてイライラを感じたことは無いでしょうか。 こういうことって結構多くありますよね。 なぜこんなことが…

自分に甘く他人に厳しい理由

自分に甘く他人に厳しい人 なんだか最近すごい勢いで増殖しています。 そこのあなた。 ドキッとしませんでしたか。 どうもこの手の話をすると 自分に甘く他人に厳しいひとはイヤな奴 みたいに感情的な話になってしまいがちですが そんなことはどうでもいいん…

努力ができない人の特徴

努力ができない自分はダメ そんなふうに考えていませんか? 努力できない人間がダメで努力できる人間がすばらしい それは本当でしょうか。 努力ができない人ほど 真面目で自分に厳しい そんな特徴があります。 そもそも努力というのは何でしょうか。 ある特…

自分を守る癖は人も自分も傷つける

自分を守ること そんなことは当たり前のことで何も悪くない そう思っていました。 でもカウンセリングをしていて気づいたことは自分を守ることは人を傷つけ自分を傷つけることだということです。 お話を聞いているとクライエントさんはすごく自分を守ってい…

外向型は失敗が多く、内向型は行動力がない

これまで 自分が外向型か内向型かを理解することは パートナーとの関係性を良好に保つために有効であり<外向型と内向型は最高のパートナー> 自分に向いている努力の仕方をつかむことができるようになり<考えるのが得意な人、行動するのが得意な人②> 人生…

外向型は早熟型、内向型は晩成型

<考えるのが得意な人、行動するのが得意な人②>で 考えることが得意な人を内向型行動することが得意な人を外向型と説明しました。 この内向型と外向型人生におけるペース配分に差があるのです。 外向型は早い段階で何らかの分野で活躍したり頭角を現したり…

外向型と内向型は最高のパートナー

<考えるのが得意な人、行動するのが得意な人②>で 考えることが得意な人を内向型行動することが得意な人を外向型と説明しました。 では内向型の人と外向型の人の関係性はどうなっているでしょうか。 まずあなたは内向型、外向型どちらでしょうか。 そして自…

悪い性格はすべて悪い癖

私は透視ができます。 なーんてあやしいあやしい。 私はそういうのは苦手です。 でも本当に多くのクライエントさんに 「怖い!なんで全て分かるんですか?」「竹田さんは透視ができるんですか?」「もう隠しても無駄ですね」 と言われてきました。 でも これ…

あなたに足りないものなんてない

カウンセリングを求めてくる皆さんには共通の信念があります。 「私は足りないから満たしてください」 というもの。 でも私は足すことも満たすこともできません。 これまであなたは足りない足してあげましょう。と言われてきたクライエントさんは不満を持ち…

感情を無くせば冷静沈着になれると思っていませんか

感情が湧かない こんな経験ありませんか。 これが常態化していませんか。 いつも感情的喜怒哀楽が激しい感情モンスターと呼ばれている私でも こんな状態が度々やってくるんです。 感情を湧き起こすこと。 実はすごくエネルギーを使い頭をつかう作業なんです…

考えるのが得意な人、行動するのが得意な人②

外向、内向ってどういうことでしょうか。 一般的に内向的ってコミュニケーションが苦手とかインドア派の人を指すために使われているけど全く関係ありません。 コミュニケーションが苦手な外向の人インドア派の外向の人が沢山居てそのせいで心の病気になって…

考えるのが得意な人、行動するのが得意な人①

自分にとっての当たり前は人にとって当たり前ではないんですよね。 これが私は全然分かっていなかった。 40にして初めてあぁこれは自分だけのことで人はそうじゃないんだと気付いたことがあります。 ギフテッドの人きっと同じだと思いますよ。 私は何か行…

自分の性格は自分が作り上げる③

境界性人格障害の方は絶対に治らないと言われていたり 凶悪な犯罪を犯した人は更正が難しいと言われています。 しかしこのことは私は<自分の性格は自分が作り上げる①><自分の性格は自分が作り上げる②>で言ってきた理由でしかないと考えます。 つまり本人…

自分の性格は自分が作り上げる②

どうしたら自分しか知らない本来の自分を100パーセント信じられるんでしょうね。 本来の自分の性格に戻れるんでしょうね。 ずっと人に誤解をされてきて本来の自分ではない自分像つまり今の性格の自分の過去の思い出が沢山あってもう自分が分からなくなっ…

自分の性格は自分が作り上げる①

性格について。みなさん悩みますよね。もちろん私も沢山悩んできました。 生まれつきのものだ。人に誤解される。本当の私は違う。うまくやれない。 色んなこと考えますね。 確かに生まれつきの影響もあれば表現が下手だったり人に合わせてしまったり緊張して…

本来の自分っていったいどんな自分なんだろう

本来の自分が分からない そんな人は多いですね。 とくにADHD、その傾向がある人はそれが顕著です。 人はつねに刺激に反応しながら生きています。 でも刺激に対して反応ばかりしていたら<人に合わせすぎて自分が分からない①>で書いたように本来の自分が分か…

人に合わせすぎて自分が分からない③

もうひとつ ADHDの特徴である感覚の過敏さと刺激への過剰な反応によって人に合わせすぎて自分が分からなくなることを防ぐ方法があります。 それは対人場面において後出しじゃんけんをやめることです。 つまりつねに相手の言動の後自分が反応するということで…

人に合わせすぎて自分が分からない②

さてからくりは分かっても ADHDの特徴である感覚の過敏さと刺激への過剰な反応は直しようがありません。 というよりこれらの特徴は使い方によっては完全に才能ですから直すものでもありませんしね。 ではどうしたら人に合わせすぎて自分が分からなくなること…

人に合わせすぎて自分が分からない①

ADHDの方、その傾向のある人は 自分が分からなくなることが 多いのではないでしょうか。 それは感覚の過敏さと刺激への過剰な反応 という特徴のせいなのです。 自分は鈍感と言われてばかりで過敏ではないけど・・・という方もいらっしゃいますよね。 ADHDは…