読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害の被害に遭いやすい人

開業してからのカウンセリングの依頼は 今のところボーダーご本人ではなくボーダーのパートナーからの方が多いです。 私が元ボーダーなのでまさか被害者と言えるパートナーの方からここまで依頼がくるとは思いませんでした。 そこでこのブログの読者はボーダ…

境界性人格障害の原因④-感受性の高さ-

感受性の高さは 芸術的な才能に結びついたり 洞察力の高さを仕事に生かしたり 人の気持ちを理解することができたり 上手に生かすことができれば才能の高さである言えます。 しかしその反面 人の心に敏感で振り回されやすく 日々の生活で衝撃を受けやすく 刺…

境界性人格障害の原因③-多面性-

ボーダーの人は 人から多重人格と思われます。 解離性同一性障害の多重人格ではなく多面性があるだけなのですが まるで別人のように変わるのでそう思われるようです。 この多面性は自己同一性の障害の原因のひとつです。 一貫した自己像を持てないから 自他…

境界性人格障害の原因②-人を見透かしてしまう-

<境界性人格障害⑯-人を見透かす-> で書いたようにボーダーは人を見透かします。 機能不全の家庭で育ちどうやって安全を守ろうかと考え 人の顔色人の求めるもの人の怒りなどを察知し危険を回避してきたからです。 そのせいで目の前に人がいれば 自然と人…

境界性人格障害の原因①-頭の良さ-

境界性人格障害については 沢山の患者さんの治療にあたった精神科医の方がその知見から多く書かれていますが このような情報は 境界性人格障害のご本人には 悪いところを沢山指摘され自分がおかしいと落ち込む。 自分のことが余計に分からなくなって怖くなる…

境界性人格障害の映画

境界性人格障害ボーダーラインの映画というと 17歳のカルテが有名ですね。 でも私自身のボーダーの経験から考えるとこの映画はどうもピンとこなかったんです。 どこがどう違う とは言えないんですが。 この映画よりもずっと あぁ気持ちが分かる。この人は…

人格障害は性格の偏り

これまでボーダーに関して 私の経験や知識を元に書いてきました。 ボーダーではないというみなさん。 あれ自分も当てはまるところあるかも。と思いませんでしたか? とくにADHDの方や機能不全の家庭で育った方がそう感じたのではないでしょうか。 そもそも人…

境界性人格障害⑳-環境の悪さの影響-

ボーダーは 助けがなかなか得られない状態です。 私はボーダーの人で健康な人と同じぐらい恵まれた環境の人はいないと考えています。 恵まれた環境という表現は元ボーダーの私の感情的な表現でありごく普通の環境のことを指しています。 その普通の環境こそ…

境界性人格障害⑲-大人の皮をかぶった子ども-

ボーダーの言動は 人を振り回し傷つけ加害的であることは疑いようもありません。 ただこれには理由があります。 理由があるから許してほしいというのではありません。当事者にも周囲の人にも事実として知っておいてほしいだけです。 ボーダーは子どもです。 …

境界性人格障害⑱-攻撃は最大の防御-

ボーダーは攻撃的です。 それは攻撃は最大の防御という言葉をそのまま体現しているのです。 ボーダーは本当はものすごく脆弱です。弱い。 <境界性人格障害⑰-耐えられない孤独感->で言いましたが 生活能力が低く社会性が低く対人関係能力が低く自己のコン…

境界性人格障害⑰-耐えられない孤独感-

ボーダーは一人でいられません。 私も、とにかく恋人から離れず24時間連絡がとれないと許しませんでした。 物理的にも離れずとにかく密着していないといられませんでした。 一番ひどいときはトイレにまでついていっていました。 ボーダーはとにかく誰かと…

境界性人格障害⑯-人を見透かす-

ボーダーが 人をコントロールしようとする理由は <境界性人格障害⑩-試し行為->で述べたように対人関係で自己効力感を強く得ようとしてしまうこと。 自分と他人の境目がないこと。 ショックや不安から逃れるために 想定内にしておきたいから。 などです。…

境界性人格障害⑮-自分が無い-

ボーダーが治るまで 私は自分がどんな人間か分かりませんでした。 いつも瞬時に目の前の人の望む人間像をとらえ 頼りがいを出したりおどけてみたりおとなしくしたり女らしくしたりした。 一瞬も気を抜けず つねに目の前の人間の反応をじっと伺う。 喜んでく…

境界性人格障害⑭-加害者と被害者-

私のこれまでの経験から ボーダーの人とボーダーに巻き込まれる人には一定の法則があるように思います。 ボーダーが加害者であること。それは行動から認めざるをえません。 巻き込まれた方は悪くない。 でも悪いのはボーダーでも巻き込まれた方にも理由があ…

境界性人格障害⑬-体調不良-

ボーダーはとにかく体調が悪い。 それは<境界性人格障害⑨-依存し癖->で言ったように依存状態になりやすいからです。 またボーダーはつねに緊張状態です。 それはつねに交感神経が高ぶっている状態なので内臓の動きは悪く睡眠の質は悪く血流は悪く冷え疲…

境界性人格障害⑫-感情が分からない-

ボーダーは感情が大きい と思われると思います。 私の経験から言うとボーダーの時は感情がほとんどありませんでした。 あれだけ激怒したエピソードがあって信じられないですよね。 ボーダーは感情が分からないんです。 <境界性人格障害⑩-試し行動->で言…

境界性人格障害⑪-自己犠牲-

ボーダーは とにかく自己中心的で人の気持ちなんて一切考えない そんなふうに言われています。 それは確かにそうで否定できません。 だけどそれはネガティブな面を切り取っている。私はそう思います。 ボーダーは自己愛性人格障害や演技性人格障害と同じグル…

境界性人格障害⑩-試し行為-

ボーダーは 試し行為と言われる行為を人に対してつねに行っています。 自分から近づいて冷たくしたり別れる気が無いのに別れようと言ったり突拍子もない言動をしても変わらぬ愛情を望んだり。 これは幼少期に自分を受け入れられなかったためどこまで自分がひ…

境界性人格障害⑨-依存し癖-

ボーダーは薬物・アルコール・タバコ などの依存状態になりやすい。 これはボーダーが治った後も体に影響を残します。ボーダーはこのような健康を害する依存が沢山あります。 私は本当に運が良かった。 もともと真面目で堅物だったため薬物に手を出そうと思…

境界性人格障害⑧ー自傷行為ー

ボーダーと自傷行為は切っても切れないものです。 ボーダーの自傷行為は構って欲しいがゆえに行われると決めつけられがちですがそれだけではありません。 たしかに相手の関心を自分に向けようとするために自殺をほのめかすこともあります。 しかし本当に苦し…

境界性人格障害⑦-ゼロか100か-

ボーダーはとにかく 色んなことで気持ちが端から端に振り切ります。 世界一大好きで世界一すばらしい人だった人が 5分後には世界一大嫌いで世界一クズになる。 世の中バラ色きらきらした世の中が 次の瞬間にはどうしようもなく汚い世の中になる。 完全にす…

境界性人格障害⑥-ボーダーは幼稚-

ボーダーが一番ひどいときは もう本当に恥ずかしいことを沢山しました。 とにかく嘘を沢山つきました。虚言癖と言われるレベルです。 ボーダーはバカ正直でもあり、大嘘つきでもあります。 私も自分がどうなのか分かりませんでした。 バカ正直なのは嫌われな…

境界性人格障害⑤-隠された異常行動-

ボーダーは 普通ではない行動を日常的にとることもありますが 多くは二者関係で頻繁に起きます。 一番近い人親や子ども、恋人に対してです。 ボーダーの特徴である二者関係で特に異常な行動をとることはその相手を追いつめることになります。 ボーダーの中に…

境界性人格障害④-普通ではない行動-

悪化をしてくると 明らかに普通ではない行動をとるようになっていきます。 彼とデート中そこそこの値段の個室の居酒屋で隣で大学生が大騒ぎしています。 こんなことはよくあることです。 でも当時の私はとんでもない思考回路を持っていました。 値段が高めの…

境界性人格障害③-悪化していく-

発症したてのころは まだ気性が激しい女の子というレベルで済みますが それがどんどん普通ではないレベルに変わっていきます。 ボーダーが悪化するときにはいつも原因がありました。 一度目のきっかけは<虐待⑭>で書いたように虐待から逃れ完全に天涯孤独に…

境界性人格障害②-発症のきっかけ-

私がボーダーを発症したのはいつだったのか 考えてみると 大学一年の夏だったのではないかと思います。ボーダーの好発年齢ですね。 発症と言っても急に人が変わったようになるのではなく少しづつ少しづつ進んでいったように思います。 キッカケは生まれて初…

境界性人格障害①-支えてくれる人へ-

境界性人格障害(BPD) 通称ボーダーについて自身の経験からの立ち直りを書きたいと思います。 虐待経験やADHDの経験などはすんなりと書くことができたのですが 境界性人格障害(以下ボーダー)についてはなかなか書けなかった。 なんかね一番つらいです。書…