逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

言い訳をすると損をする

言い訳って嫌ですね。

 

聞くのも嫌だし
自分もしたくないですね。

 


ところで

 

この言い訳って
自分にとって本当に損なんです。

 


あなたは

 

言い訳をするとき
その理由が後付けだったりすること

 

ありませんか?

 

 

 

私は
自分が失敗をしてしまったとき

 

「実はやむを得ない理由が・・・」
とすごいスピードで後付けをしていました。

 

そうすると当然
「言い訳するんじゃない」と言われてしまうので

 

「本当にそうだったのにヒドイ!」
なんて被害者意識を持っていました。

 


今思うと完全に後付けの言い訳です。

 

何とか無かったことにしたい
何とか自分の評価を下げたくない
と必死でした。

 

 

 

自分に都合が悪いときに
必死に理由を話していると
そのうちに
まるで最初から考えていたかのような気がしてくるんですよね。

 


でも
ちょっと考えてみてください。

 

私たちは
何も考えずに行動してしまうことって
結構多くないですか?

 

 

 

それなのに
その行動をしたあとに悪い結果になると

 

必死に取り繕おうとして

 

後になって
「こう考えれば良かった」と気づいたことを

 

まるで
考えて行動したのにこうなったかのように
後付けをしてしまう。

 


どうですか。

 

心当たりありませんか。

 


失敗を認めて
考えずに行動したからこんな結果になってしまった
と強く後悔をするから

 

次から
行動をする前にじっくり考えようと思えますよね。

 


理由を後付けして言い訳して
失敗を認めずにいたら

 

いつまでたっても

 

失敗を失敗として認識せず
失敗から学ぶことも出来ず

 

何も考えずに行動をしつづけて
同じ失敗を繰り返してしまいますよね。

 

 

 

また
理由を後付けしている訳ではないけど

 

失敗をしたときに言い訳をせずにいられない人
いませんか?

 


こんな人は
謝罪をする場面で

 

理由があるから罪は受け入れられない。
理由を話すことで何とかして罪を軽くしたい。
許されないなら謝っても仕方ない

 

と思っているんですよね。

 

 

 

言い訳をしない人は
どんなふうに考えるかというと

 

罪は罪として認める。
取り返しはつかなくても
相手に迷惑をかけたことはちゃんと謝りたい。

 

そして
もしその後、聞いてもらえるなら
理由を聞いてもらえたら嬉しい。
真相を知って欲しい。

 


どうでしょう。
誠実ですね。
許したくなりますね。

 


これは大きな違いです。

 

どんな理由があろうと
相手に迷惑がかかったこと
やってしまったことは無くなりませんよね。

 


それなのに
言い訳をする人は

 

さっき書いたように
きちんと謝れないんですね。

 

これでは
人に疎まれてしまいます。

 

みんな嫌ですよね。

 


だからどんなに理由があっても

 

まずは
失敗は認めましょう。

 

相手にかかった迷惑は考えましょう。

 


理由を説明できるのは
それからです。

 


言い訳は自分にとって損しかありません。

 

今日からやめていきましょうね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com