読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

心の調子はどう?

私事

おはよーございます。

 


みなさんは自分の調子に気を配ってますか?

 


なんか
風邪っぽい。
体が重い。乳酸が溜まってるな。
だるい。睡眠不足か。

 

なんて
体の調子には
少しだけ気づいたりしてますかね。

 


でも
心の調子には
まったく気を配っていないんじゃないですか?

 


ダメ!絶対!!

 

心の調子も
体と同じくらい変化してます。
体と同じようにケアが必要。

 


本当に悪くなってしまう前に
少し心の調子が悪いときに気づければ
比較的楽に立て直せます。

 


みなさんは
なんでもそうなんだけど

 

少しの調子の悪さを見ない振りして放置して
ほころびを放置したり取り繕ったりして

 

どうしようもなく
調子が悪くなったり
大きな穴が空いたときになって大騒ぎするでしょ。

 


そこから元に戻すのは大変です。

 


だから私は
何でも早め早めの対策を勧めてるんだけど

 

何とかなっているときは
みんな
「あぁうるさい」
「大丈夫だし」
なんて感じなんだよねぇ。

 

ちっとも大丈夫じゃないのにね。

 

 

 

それで
自分の心の調子が良いか悪いかのちょっとの変化は
自分だけが分かる部分が大きい。

 

その人なりの表れ方があるからね。

 

 

 

私の心の調子の表れ方について
聞いてもらおう。

 

 

 

私は心の調子が悪くても
人には全くそう見えないらしい。

 

自分的には
心が凍っている感じがして
危機感を持っていても

 

それでもまだ人と比較すると

 

喜怒哀楽が豊かで
冗談を言って笑っている
いつも朗らかで
安定感がある

 

と思われてしまう。

 


でも自分では明らかに
普段の調子とは違っているのが分かる。

 

 

 

まずね

 

幸せを感じなくなる。

 


私は調子が良いとき

 

「あぁ幸せ」が口癖。

 

こう書くと軽い感じで嫌ね。

 


人からしたら
大したことが無いことが
私にとって涙が出るほど幸せなことが沢山あったりする。

 

まぁ苦労ばっかりで何もない時代が長かったからね。

 


静かに落ち着いて一人でほっとできるだけで
美味しいごはんを食べるだけで
帰る家があるだけで

 

本気で幸せだなぁと思う。

 


猫という生き物を飼えること
こんなにも自分を愛してくれること

 

本当は簡単なことじゃない。
奇跡だと思ったりする。

 


友人と笑いあっている
友人と深いところで分かりあえた

 

人と通じあうことなんて諦めていたから
これだけで生きていけるぐらい幸せだと思う。

 


それが調子が悪くなると
全く幸せだと思えない。

 

淡々と日常が過ぎていって
色んなものが当たり前のような気がしてくる。

 


楽しいとか嬉しいとかはあっても

 

ふわぁとあったかくなる気持ちとか
じんわりと有り難いなぁって気持ちとか
ぐわっと当たり前じゃない、奇跡だ!って気持ちが
全く出てこなくなっちゃう。

 


こうなってくると
私はもうかなり心の調子が悪い。

 

 

 

あとね

 

かなりしっかりとしだす。

 

しっかりとして
真面目に完璧になる。

 

人に対して丁寧になる。

 

これのどこが悪いんだっていう感じでしょ。

 


ところが
<ダメなところはあっていいじゃない>
で言ったように
完璧主義は心に良くない。

 

心の調子が悪いと
完璧主義になっていくの。

 


もともとすごく人が好きで
人なつっこくて
傷つくこともいとわず近づいていくのが私なのに

 

心の調子が悪いと
人並みのお愛想で品を保って
人と交流したりする。

 


心の調子が良い方が
人から見てダメな人間になる(笑)

 


調子がいいからこそ
さらけ出せる勇気を持てて
自分に正直になれるのかもしれない。

 

 

 


調子が良くなってきたぞ!
っていうのもある。

 


やたらと独り言が増える。

 

お恥ずかしい・・・

 

「あぁやだやだ」
「もー無理!」
「あぁつかれちゃった」
なんて独り言というか猫に対して話す。

 

あと英語で言う
Ouch!

Oops!

Oh my god!
 

的な言葉が良く出る。

 

「うっ」
「えっ」
「うそっ」
「やだっ」
みたいなの。

 

これ恥ずかしいけど
私は出せるといい感じなんだよなぁ。

 

 

 

調子が悪いと
落ち着いたもの静かな感じになる。

 

ADHD的には

その方が印象はいいかもしれないけど
生きてる感じはしない。

 

 

 


アイディアが湧いてきて
外に出したくなる。表現したくなる。
自分の中にあるものを人の役に立てたくなる。

 

そう
ブログの記事をやたらと書くようになる。

 

 

 


歌うようになる。

 

フンフン~♪
ら~らら~♪
とか鼻歌だったら

 

そりゃ調子良くなきゃ出ないだろ
と思うけど

 

それだけじゃなくて
聞いている曲を歌うようになる。
バラードとか悲しい歌でもね。

 

歌えると調子がいいんだ。

 

 

 

さらに
踊り出す。

 

これはもう恥ずかしい。

 

調子が良いととにかく体を揺らしながら移動する。
一見カワイコぶっているようにも見える。

 

音楽を聴きながらノリノリで踊る。
しかしダンスは出来ない。

 

どれだけ酷いものか想像していただいて(笑)

 

 

 

私はこんなふうに
自分の調子の善し悪しをしっかり見て
無理をする時としない時を決めてる。

 


みなさんの
調子が悪いときはどうですか?

 

調子が良いときはどうですか?

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com